大作曲家はコーヒー好き

クラシック音楽のナゼ? Vol.3

Question
大作曲家はコーヒー好き。なぜ?

Answer
コーヒーを飲むと、頭が冴えて名曲が書けたから

text:La Valse 編集部

いつ、コーヒー豆が人類にもたらされたのかについての有力な説は、9世紀のエチオピアで羊飼いの少年が見つけたというものです。当初は食べ物で、薬でもあり、呪術的な意味で使われることもあったようです。嗜好品になったのは14、15世紀頃、ヨーロッパ中で愛飲されるようになったのは、コーヒーハウスが大きな都市で誕生した17世紀に入ってからのようです。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。