誕生日編(1)プロコフィエフ | クラシック音楽のナゼ? Vol.4

Question
プロコフィエフの顔が不機嫌そうなのは、なぜ?

Answer
それは、「ロシア革命があったから」

text:La Valse編集部

セルゲイ・プロコフィエフ
1891年4月23日生

1917年にロシア革命が起きて、200年続いた帝政ロシアが、労働者、農民、兵士たちによってひっくり返されたとき、皇帝や貴族たちに守られていた音楽家たちの多くが、身の危険を感じて外国へ逃れました。プロコフィエフは25歳で、すでに気鋭の作曲家・ピアニストとして世間の注目を浴びていたのですが、彼も革命の翌年、日本にちょっと寄ってからアメリカに亡命、やがてアメリカに愛想を尽かすと、パリへ。どこにいてもデラシネ(根無し草)の意識をぬぐえず、1933年に意を決して、ソヴィエト連邦になった祖国に戻ったのです。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。