ムソルグスキー「展覧会の絵」(前編)| 名曲レゾンデートル 〜“傑作”の理由(わけ)Vol.1

text:城所孝吉


ムソルグスキーの「展覧会の絵」(1874年)は、作曲家が友人の画家・建築家ヴィクトル・ガルトマンの遺作展を観たことをきっかけに書かれたものである。ムソルグスキーとガルトマンは、1870年に評論家ヴラディーミル・スターソフに紹介され、すぐに親しい友人となった。しかしガルトマンは、1873年に動脈瘤で急死してしまう。スターソフは、翌74年にペテルブルク芸術アカデミーで400点に及ぶガルトマンの個展を開催したが、「展覧会の絵」の「展覧会」とは、まさにこの遺作展を指している。

筆者がこの曲を聴いていつも思うのは、「個々のナンバーを超えた作品全体の意味は、何なのだろうか」ということである。「展覧会の絵」は、連作キャラクター・ピースのように演奏されることも多いが、出展された絵画を音楽化することだけが、作曲の動機だったとは思えない。ムソルグスキーが書いた音楽が、絵そのものと必ずしも一致しないからである。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。