シャウリス、ヴァン・ブロス、カヴァラ | 戯言ゴルトベルク変装曲集 Goldberg Variations 第2回

text:四方善郎

最初はピアノからいきましょう、とのことで、今回もピアノでの演奏によるゴルトベルク変奏曲をリストアップする。推薦盤というより、私が繰り返し聴いている盤と言った方が正しいかもしれない。ゴルトベルク変奏曲は聴くポイントが人それぞれで、好みが多方面に分かれるのも面白いところだろう。

◆ゾラ・マエ・シャウリス
Zola Mae Shaulis (piano)
収録時間:36:02 / 収録年:1971.03.24-27 / レーベル:D.Grammophon / 品番:2555 003(LP)

“永遠のアイドル”などと言うと陳腐になってしまう。ゾラ・マエ・シャウリスのゴルトベルク変奏曲のLPは私が中学生の頃に我が家にやってきた。ドイツ・グラモフォン・デビューシリーズの1枚。亡き父が新譜で買ってきたものだが、その頃からただならぬ存在となった。しかし、残念なことに数年後には音楽シーンから忽然と消えてしまう。当時から宣言していたようだが、ピアニストとして生きることを選ばず、家庭に生きることを決意したシャウリス。そのためアルバムもゴルトベルク変奏曲の他に、世間から脚光を浴びる端緒となった1971年ナウムバーグ賞受賞時の録音、1976年の『バッハ:トッカータ集』の3枚しか残していない。繰り返しなしで一気に駆け抜ける演奏はじつに小気味よく、今でも時折無性に聴きたくなる。“一音一音がキレイに整理されている演奏”を初めて実感したのもこれだ。そしてグレン・グールドへのオマージュさえ感じる。これは可能であればタワーレコードさんあたりでぜひCD化して欲しい1枚だ。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。