7/20 ロシア国立響〈シンフォニック・カペレ〉ゲネプロ見学会 ご招待 抽選応募

会員登録された方に抽選でゲネプロ見学会にご招待いたします(7/16申込締切)

ゲネプロ見学会 概要

ロシア国立交響楽団〈シンフォニック・カペレ〉ゲネプロ
日時:2019年7月20日(土) 10時30分集合
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)
※11時スタート11時30分終了予定

来たる7月20日(土)、横浜みなとみらいホールで行われる、ロシア国立交響楽団〈シンフォニック・カペレ〉のゲネプロ見学会に、主催のテンポプリモ様のご厚意により、La Valse会員の皆様をご招待させていただくことになりました。
チケットを購入された方も、購入されていない方も、どなたでもご応募できます。
ご参加いただいた皆様には主催者様からご優待チケットのご案内もございます。
コンサート(本番)では知ることのできない「赤いカラヤン」ポリャンスキーの、チャイコフスキー音楽の解釈や、公演の聴きどころを垣間見る絶好の機会です。演奏する側も聴く側もエネルギーと集中力が求められる壮大なチャイコフスキー交響曲3連発のゲネプロ見学会、この機会をぜひお見逃しなく!

公演詳細

https://tempoprimo.co.jp/stage/rosso2019/

提供席数

100名様
※会員おひとり様につき1枚までとなります

申込締切

2019.7/16(火)

当選の通知

2019.7/17(水)予定

 

コンサート 概要

ロシア国立交響楽団〈シンフォニック・カペレ〉
公演日:2019年7月20日(土) 13時00分開演
会場:横浜みなとみらいホール(神奈川)

ロジェストヴェンスキー亡き後のロシア音楽界を背負って立つ巨匠指揮者、ヴァレリー・ポリャンスキーが、手塩にかけて育て上げた名門ロシア国立交響楽団《シンフォニック・カペレ》を率いて再び来日します。2015年にはチャイコフスキーの交響曲第4番、5番、6番「悲愴」を一気に演奏し、その底なしのエネルギーと集中力はおろか、聴き慣れたはずのチャイコフスキー音楽の本質を再提示したことで、新鮮な驚きと感動を巻き起こしたことは当時の音楽評論界でも称賛され大変話題になりました。今回の来日でもチャイコフスキーの3つの交響曲を横浜みなとみらいホールで披露します。
HPより転載)

プログラム

チャイコフスキー三大交響曲
交響曲第4・5・6番「悲愴」

指揮

ヴァレリー・ポリャンスキー

 

申込には会員登録(無料)が必要です。
会員の方はログインしてから申込をお願いします。