音の浮力〜フィンランドの森と湖が持つ不思議な力(1)| 水平線の彼方からのecho

中村風詩人のphoto essay vol.2

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

text & photos:中村風詩人

フィンランドが森と湖の国だと実感したのは2回目に渡航した時だった。初めてフィンランドに行った時は隣国のスウェーデンからタリンクシリアラインというクルーズで入国した。さらに出国はバルティックプリンセスというクルーズでエストニアに渡ったので、海ばかりに触れていたルートだった。そのせいもあってか、北欧とバルト三国といえば海に囲まれた海洋国家のようなイメージが先行していた。

バルト海を巡ってから帰国をした後、フィンランドの首都ヘルシンキで聞いた言葉が度々思い出された。具体的なプランが無かったため、ヘルシンキ港のポートセンターで観光案内をしていた女性に「フィンランドで何を見るべきですか?」と曖昧な質問をした。すると女性は「Forests and lakes(森と湖)」と端的に答えてくれた。その時は滞在するホテルを市内で予約していたため、深い森を目指すことが出来なかったのだが、フィンランドの持つ独特な透明感を森の中で感じたら、それは素晴らしいことだろうと考え始めていた。そして北欧滞在を終えてからは、もっぱら「森と湖」が次の渡航のキーワードになっていた。

フィンランド行きの航空券を予約したのはそれから2年後の秋だった。今度こそ森と湖を目指して内陸に向かいたい。とりあえず日程が確保できたので直行便でヘルシンキに飛び、現地で情報を集めることにした。以前に港で見かけたのと同じように、空港にも観光案内をしている女性がいたので聞いてみることにした。「フィンランドは森と湖が素晴らしいと聞きました。どこが良いでしょうか」と、さらに今回は続けて「somewhere photogenic(どこか絵になる所)」と付け加えた。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。