脇園 彩(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第2回

text:香原斗志(オペラ評論家)

歌も姿勢も成長ぶりも「日本人」の枠では語れない

どの歌手も聴くたびに成長していたら、世界中のオペラがたちまちレベルアップするはずだが、現実はそうではない。とはいえ、数少ないが例外もいて、その一人がメッゾソプラノの脇園彩である。この4月26日と27日、シチリア島のパレルモのマッシモ劇場でモーツァルトのオペラ・セリア《イドメネオ》を鑑賞したが、正直、驚嘆させられた。脇園が歌ったのは王子イダマンテ、いわゆるズボン役だが、昨年8月、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル(ROF)で聴いたときとくらべ、一段か二段、確実にレベルが上がっていたのだ。

昨夏、ロッシーニ没後150年の記念年に、ロッシーニ上演の総本山であるROFで《セビーリャの理髪師》のヒロイン、ロジーナに抜擢された脇園。もちろん彼女は期待に応えてくれた。深くから無理なく発せられ、そのためにやわらかい声は、どんな音域でも一定の質感が保たれ、声のラインが美しい。加えて装飾歌唱が冴えわたる。

このとき彼女は、レチタティーヴォを徹底的に読み込んで、一つひとつの意味を掘り下げた結果、「ロジーナが、具体的に肉と骨を伴った一人の人間として見えてきた」と語っていた。「一つ階段を登れた感覚がある」とも。

前年の2017年には、同じROFでロッシーニ《試金石》に出演。そのクラリーチェという役は、脇園にはやや低い音域だったが十分に説得力ある歌唱で、私は拙著『イタリア・オペラを疑え!』(アルテスパブリッシング)に「日本人『脇園彩』は世界のメッゾソプラノになれるか」と書いた。

ところが、そんな彼女も昨年5月、スランプに陥る。ヒロインを歌う大阪国際フェスティバルでのロッシーニ《ラ・チェネレントラ》を前に声帯炎に見舞われ、それでも彼女の名前ありきの公演だったのでキャンセルできず、無理をして歌ったのだ。しかし、海の向こうで一人で道を切り開くようなアーティストは、スランプに陥ってから先が違う。「これまで完璧を求めすぎてダメになる自分がいた。そんな自分も受け入れて、歌えることに感謝したとき、新しい自分が見えてきた」という。結果、同僚に恵まれたこともあり、スランプをバネに素晴らしい歌を聴かせた。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。