宮本文昭 ロングインタビュー 第1回(全3回)

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

interview & text:オヤマダアツシ
photos:野口 博

日本におけるオーボエ界の、いやクラシック音楽界におけるレジェンドの一人である。1968年、18歳でドイツへ留学した後、紆余曲折ありながらも1975年以降はエッセン市立交響楽団、フランクフルト放送交響楽団(現在はhr交響楽団と改称)、ケルン放送交響楽団の首席奏者を歴任(1999年に辞任)。サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団で演奏を続けるほか、リサイタル、室内楽、コンチェルトのソリスト等で活躍するという輝かしい経歴を残した。

2007年3月31日でオーボエ奏者を引退し、続いて指揮活動を行うも、2015年3月で引退。現在は東京音楽大学や小澤征爾オペラ塾などで後進の育成にあたっている。

6月30日、東京音楽大学「中目黒・代官山キャンパス」内のホールで行われる木管アンサンブルのコンサートで、4年ぶりに指揮者を務めることになった。多くの若手奏者を輩出する厳しい指導の奥義なども含め、これまでのキャリアなどについてもお話しをうかがった。

挫折を味わってからの再起、『ロッキー』のような減量も


──お弟子さんたちが今やいろいろなオーケストラで活躍中ですけれど、あらためてご紹介いただけますか。

東響の荒さん、都響の鷹栖さん、N響の吉村さん、セントラル愛知の安原君、仙台フィルの西澤君、静岡響の篠原君……、もっといますけれど、みんな頑張っていますね。


──桐朋学園高校を卒業して、すぐにドイツ(デトモルト)へ留学されましたが、日本からの留学生は多かったのでしょうか。

管楽器はほとんどいなかったと思います。だからというわけではないけれど、かなりの覚悟をもって毎日を過ごしていました。そういう体験をしたからかもしれませんが、今でもレッスンのときにちゃんと練習してこなかった生徒がいると「お金を出して送り出してくれた実家のご両親に、ここで謝りなさい」って言いますもの。デトモルトでは恩師になるヘルムート・ヴィンシャーマン(註:日本ではバッハの権威として有名)に出会うのですけれど、実は卒業して一度帰国したとき、挫折してオーボエを辞めようとしたんですよ。


──それは、なぜですか。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。