ムソルグスキー「展覧会の絵」(後編)| 名曲レゾンデートル〜“傑作”の理由(わけ)Vol.2

<おしらせ>
La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

text:城所孝吉

前編でも述べた通り、「展覧会の絵」では、ガルトマンの遺作展で出品された絵画が「描写」されているのではない。むしろムソルグスキーはここで、ガルトマンがどんな気持ち(あるいは意図)で各々の絵を描いたのか、想像している。友人は「ビドロ」を描いた時、何を思っていたのか。あるいは「古い城」は? ──ここで音楽化されているのは、絵そのものではなく、ムソルグスキーが考え、感じたことである。端的には、次のように考えられる。作曲家は、絵を観ることで友人自身について想念を巡らし、彼の死を悼んでいるのである。

それは、「プロムナード」に明確に表れている。「プロムナード」は、展覧会で作曲家が絵から絵へと移動する際の音楽だが、そもそも何を表しているのか。楽譜の冒頭には、「ロシア風に」と付記されている。しかしこれはおそらく、よくマルカートで勢いよく演奏される行進曲ではない。我々の耳には、ラヴェルの編曲が耳にこびり付いていて、多くの人が、冒頭の単旋律はトランペットだと思い込んでいる。しかし、ムソルグスキーがここで想定していたのは、むしろ古いロシアの聖歌である。ロシア正教の伝統では、まずテノールの先唱者がソロでメロディを歌い、それに続いて、厳かな男声のコラールが唱和される。4分の5拍子のリズムは、この旋律がフォルクローレに由来することを示唆しているが、単旋律と四声体が対置されているのは、これが教会の祈りの歌だからなのである。

しかし、なぜ冒頭に聖歌が歌われるのか。そして「楽しげになってはならず、やや荘重に」と演奏指示があるのか。それは「プロムナード」が、紛れもなくガルトマンへの葬送歌だからである。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。