マリナ・レベカ(ソプラノ)

連載 いま聴いておきたい歌手たち 第3回

<おしらせ>
La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

text:香原斗志(オペラ評論家)

マリナ・レベカの新しいアルバム『SRIRITO』は《ノルマ》の〈清らかな女神 Casta Diva〉で始まるが、その出来ばえが尋常ではない。深くしっとりとした響きで繊細に音符をなぞると、とてつもなく深い精神性がにじむ。それに弱音は、BMWでもマゼラーティでもいいが高級で滑らかで軽やかに吹け上がる高出力のエンジンを軽く回したかのようで、聴いていて大きな懐に抱かれているような安心感を得られる。そしてアクセルを踏み込むと、厚みのある声が官能的な色彩を帯びたまま、鋭いアジリタを伴って、超高音まで自然に駆け上がる。

艶、深み、響きの質感、ボリューム、完璧なアジリタ、超アクート、劇的な表出力、深い精神性……。それが一人の声のなかに揃い、そのうえ声自体に痺れるような官能性がある。レベカのようなスーパーなソプラノには滅多にお目にかかれない。

初めて彼女の声を聴いたのは2008年、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル(ROF)における《マホメット2世》のアンナ役で、まだデビューから1年という時期だったが、中音域の充実した技巧派の登場に胸が高鳴った。そして、その3ヵ月後にはROFの日本公演で、同じアンナ役を披露している。

その翌年、ザルツブルク音楽祭でリッカルド・ムーティ指揮のロッシーニ《モイーズとファラオン》に出演したレベカにインタビューをした。指定されたカフェが休みで、無事に会えてから、冷たい夏の雨のなかで待っていた私に何度も何度も謝ってくれ、逆に恐縮したのが忘れられない。真摯で誠実な女性なのだ。その人柄は彼女の歌に、姿勢は着実な成長となって表れているように思う。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。