岸田繁と聴くクラシック Vol.1

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

interview & text:青澤隆明
photos:武藤 章


Introduction

京都生まれの音楽家、岸田繁が大規模なオーケストラ新作「交響曲第二番」を発表した。ロック・バンド くるりの活動のほか、映像音楽の制作なども含めて幅広い分野で作曲を手がける彼が、オーケストラ音楽においても新境地を拓いた。

一昨年の前作「交響曲第一番」に続いて広上淳一指揮京都市交響楽団が、昨年12月に京都と名古屋で初演、後者のライヴはこの春CDと配信でリリースされたばかり。今年3月30日には、東京オペラシティで東京初演され、さらなる機会を待つ。

さまざまな音楽を消化吸収しながら、バンドでも作曲家個人としても多種多様な音楽実験をかたちにしてきた岸田繁だが、クラシック音楽への愛着はこどもの頃からのもので、いわば心と興味の深い層にある。40代に入ってオーケストラ作品を精力的に手がけるようになったが、その創作はたんに回顧的なものではなく、世界のさまざまな地域と時代の音楽への関心とともに、彼自身の現在をまざまざと生きるものだ。

岸田にクラシック音楽への個人的な敬愛について、自由に語ってもらった。人間的な直観と素朴な心が、技術的な視点と絡みあい、全体と細部を見通した理解となっているのが、聴き手としても実作者としても巧みな岸田らしいところだろう。

第九、アルルの女、ホルベルク、ドラゴンクエスト…

──最初に聴いたクラシック音楽の記憶はどのようなものでしたか?

家で親父がかけてたレコードですね。ベートーヴェンの9番と、ドヴォルザークの9番と。チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番、ショスタコーヴィチの5番。あとはリムスキー=コルサコフとかチャイコフスキーのロシアものがクラシックではかかっていたように思います。モーツァルトは全然かからなかったです。で、そういうのといっしょに、ジャズとかハワイアンとか、チャック・ベリーとかのレコードをかけてましたね。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。