宮本文昭 ロングインタビュー 第2回(全3回)

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

interview & text:オヤマダアツシ
photos:野口 博

若い頃の挫折を経てドイツのオーケストラへ加入し、キャリアを積み重ねる毎日。その陰には齋藤秀雄やヘルムート・ヴィンシャーマンといった恩師の教えがあり、若い奏者たちを教える立場となった今なお、多大な影響を受けているという。その奥義とは、どのようなものなのだろうか。

シューベルトの歌曲からオーボエの語り口を学ぶ

──ドイツへ留学し、ヘルムート・ヴィンシャーマンに師事されていますが、多くのことを伝授されたと思いますけれど、どういったことが印象深かったでしょうか。

オーボエのすべてを教わったような気がしますけれど、特にアーティキュレーション、言葉を話すように吹くことの大切さについてはかなり細かく言われました。レガートはレガートらしく吹くことや、スラーがあるかないかのコントラストを明快にすることの大切さなど、楽譜上の指定についてはっきりと細かく差をつけないと語っていることにはならないよ、ということです。それができた上で音楽の全体を俯瞰し、曲の設計や流れについても把握しなくてはいけない。そんなことはプロになるべき音楽家なら当たり前のことですけれど、すべてを論理的に、冷静に、巧妙に、精緻に考える能力を身に付けないといい演奏はできませんし、勢いに任せて吹くようになってしまうんです。だから僕はレッスンでも「もっと美しく歌って」というような漠然とした教え方は絶対にしません。

──言葉を話すようにとは、どういう訓練をされるのでしょう。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。