岸田繁と聴くクラシック Vol.2

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

interview & text:青澤隆明
photos:武藤 章

岸田繁が個人的なクラシック音楽の個人的な敬愛について語るロングインタビューの2回目。今回は、モーツァルト、武満徹、ドビュッシー、ラヴェルなど。
果たして、ドビュッシーの『モテ和音』とは…?

──『ホルベルク組曲』やビゼーの録音は、カラヤンの指揮でした?

「はい、最初に聴いたのはカラヤンでした。その後、だいぶ経ってからいろんな指揮者の演奏を聴いてびっくりしましたけど。いまはカラヤンのは、あんまり好きじゃない。ぼくが最初に買ったCDが『ペール・ギュント組曲』と『ホルベルク組曲』がカップリングになったやつと、あとベートーヴェンの第九。それもカラヤン指揮ベルリン・フィル。第九もいろんな人の演奏を聴いたんですけど、ぼくはやっぱり断トツでアーノンクール指揮ヨーロッパ室内管が好きです。ウィーンにいた当時、たぶん楽友協会のコンサートの後とかに売ってるCDを見に行ってたんですけど、そのときに買ったベートーヴェンとモーツァルトの38番と39番が最高で。

──アーノンクール指揮ウィーン・フィルの実演でも痺れたという交響曲第39番ですね。

痺れましたね。39、大好きです。モーツァルトこそ、シンフォニーが好きですね、いま。ベートーヴェンはピアノの曲とか四重奏がいま、すごく楽しめるようになったんですけど、モーツァルトはシンフォニーが好きです。

──かたちのしっかりしたなかに、オペラ的にいろいろな要素が入っているという意味で?

モーツァルトのシンフォニーは、ぼくの印象なんですけど、なんかやっぱり主題が弱い。モーツァルトは旋律作家だと思うんですけど、なんか複数の旋律でぼやかしてるというか。もちろん『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』みたいな強い旋律もあるんですけど、ラフマニノフとかと違って、旋律があってもほかの対旋律やいろんな伴奏のかたちが強烈だから全体が混じるというんですかね。ビートルズのときのポール・マッカートニーみたいな、もうぜんぶ必然的なポップさで。ピアノ・コンチェルトは美しいし、24番とか27番とか大好きなんですけど、やっぱり晩年のシンフォニーが、すごい完成度と彼自身の人間としての揺らぎみたいなものが感じられて、音楽としてすごく好き。

──場がつくれてますよね。

そうですね、場がつくれてますね。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。