だめんず vs 男装の麗人 | 萌えオペラ 第2回 オッフェンバック《ホフマン物語》

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

text:室田尚子
illustration:桃雪琴梨

前回、オペラ界における最大の「だめんず」はタンホイザーであると声を大にして申し上げたわけですが、こういっちゃなんですが、テノールが演ずるところの主人公にはだめんずが非常に多い。アルフレート(《椿姫》)もそうですし、ドン・カルロ(《ドン・カルロ》)なんていうのも典型的なだめんず王子。

「だめんずテノール」を一人ひとり取り上げていくだけでも1年はすぐに過ぎてしまいそうですので、今回は少し視点を変えて、「だめんず」に「カッコいいイケメン」が対置されている作品を取り上げましょう。19世紀半ばのフランス、パリでオペレッタを連発して大人気を博し、かのロッシーニに「シャンゼリゼのモーツァルト」と称されたジャック・オッフェンバックが残した唯一のオペラ《ホフマン物語》です。

主人公ホフマンは詩人です。あれ、どっかで聞いたような…ええ、タンホイザーと同じ職業ですね。オペラは、酒場で酔っ払ったホフマンが過去に恋した3人の女性との恋愛の顛末を語る、というスタイルで3つの物語が描かれていきます。その3人とは自動人形のオランピア、歌手のアントニア、そして娼婦のジュリエッタ。「ちょっと待て、自動人形ってなんだ」と思ったあなた、正しい指摘です。オランピアは人形師コッペリウスが作ったそれはそれは精巧な自動人形で、そうとは知らずホフマンは熱烈な恋に落ちてしまうのです(ちなみに、人形に恋する男性のお話はギリシャ神話のピグマリオンが原型といわれています)。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。