宮本文昭 ロングインタビュー 最終回

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

interview & text:オヤマダアツシ
photos:野口 博

ドイツのオーケストラで首席奏者を務めながら、日本ではクラシック音楽の枠を飛び越え、ジャズ&フュージョンやラテン、映画音楽などジャンル無用のCDを次々にヒットさせていた1980〜90年代。そうした活動で宮本文昭やオーボエという楽器を知った方も多かっただろう。しかしその陰にはクラシック音楽、特にモーツァルトやマーラーの演奏を磨くためのヒントがあった。

ポップスへの挑戦を通じて 新しい演奏技術を習得


──クラシックと並行して、1980年代になると前田憲男さんとのジャズ・アルバムをはじめ、フュージョンやボサノヴァなどジャンルを超えた音楽の演奏を積極的にされていますね。

当時は、オーボエという楽器をなんとか一般的に認知してもらいたいという一心でした。CMに出演したり、ドラマの音楽(1999〜2000年、NHKの朝ドラ『あすか』のテーマ音楽「風笛」)を演奏させていただいたり、やれることはなんでもやろうと思って。

──そうした企画は、どういうきっかけで生まれたのでしょうか。

僕からCDのメーカーへ、こういうことをやってみたいと提案しました。最初はスタッフの方にも驚かれましたけれど、押し通してしまったんです。もともとクラシック以外の音楽も好きでしたし、別のジャンルの音楽を演奏することで自分が成長できると思いましたから。

──どういったところが成長のポイントになったのでしょうか。

意外に思われるかもしれませんが、実はクラシックの演奏で使ういろいろなテクニックより、ジャズやポップスをそれらしく聴かせるためのテクニックのほうが実に幅広く、開拓のしがいがあるんです。クラシックの吹き方でジャズを演奏してもかっこよく聞こえないですし、楽譜通りに吹けば形になると思ったら大間違いで、演奏者は技術の百貨店みたいに自分の手の内を駆使したり工夫しないと、決してうまく吹けませんから。音程のとり方ひとつとっても、クラシックでは習わない技術が必要になるし、その道のプロであるミュージシャンの方たちに仕事を通じていろいろ教えていただきました。ちょっとかじったくらいで吹いても、聴いてくれる人は絶対に納得しませんよね。そういうのは、僕はいやなんです。

──おそらく繊細なレヴェルでの作業だと思いますが、最初からうまくいきましたか。

全然できなくて、いかにもクラシックの演奏家が借りてきた猫のように吹いてます、という感じでしたよ。オーボエはただでも一本調子になりがちですから、そうならないためにいろいろな表情を作れないといけないですし、ロングトーンや横隔膜の使い方を工夫したり、いろいろなタイプのフォルテピアノを試したり、やるべきことはたくさんありました。リードも、ブラームスを吹くときとポップスを吹くときはまったく違うものを作らなくてはいけないので、削り方をかなり研究しました。そういうことを付け焼き刃ではなく、日常的にやっておいて自分の中に定着させ、すぐに使えるようにしておかないといけない。指揮者や共演者からオーダーされたら、すぐにできないと意味がないわけです。

山下洋輔(左)と


ポップスで習得した奏法がマーラーの交響曲で役立つ!

──そうして習得した技術は、クラシックでも役に立つことがありましたか。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。