ロベルト・デ・カンディア(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第4回

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

text:香原斗志(オペラ評論家)

見た目と違ってエレガントな歌

「人は見た目が9割」という本があった。「人は見た目が100パーセント」というドラマもあった。けれど、やっぱり人は見た目だけでは測れないものらしい。

ロベルト・デ・カンディアというバリトンを、私は1990年代から何度も聴いてきたが、街を歩いているのを見かけるたびに、「彼はエレガンスがわからないから」なんて勝手に決めつけていた。歌がうまいのは知っている。でも、土俵に上がっても違和感がない体型、もじゃもじゃのひげ面、よれよれのTシャツに半ズボン、草履という姿を眺めては、「オペラハウスで仕事をしているのだから、少しは相応しい恰好しろよ!」などと、胸の内で叫んでいたのだ。

転機は昨年11月に訪れた。新国立劇場でヴェルディ《ファルスタッフ》のタイトルロールを歌ったデ・カンディアは、たいていのバリトンが腹に入れる詰め物を入れなかった。十分に腹が出ていて入れる必要がなく、いわば天然のファルスタッフだったのだ。おかげで歌に集中できたのだが、するとどうだろう。

このオペラは、一つひとつの詩句に音楽が細やか、かつ俊敏に応え、歌手はその千変万化する音楽に従って歌の表情を無限に変えていく必要がある。そうはいっても、そんなふうに歌える歌手にはまずお目にかかれないが、デ・カンディアの歌はどの言葉も明瞭で、一語一語に微妙な色彩や表情が加えられ、細かなグラデーションによってニュアンスを醸し出していた。

ファルスタッフという人物自身、締りのない格好をしてはいるが、腐っても貴族。必ずしも見た目どおりではない。デ・カンディアはそれ以上で、締りがない姿かたちからはかけ離れた、徹頭徹尾細やかな歌を聴かせてくれた。

実は、《ファルスタッフ》を観る前にデ・カンディアにインタビューすると、以下のように話していた。これを聞いた時点で、見た目からは想像できないほど知的で、繊細で、高い芸術的な意識の持ち主であることに驚かされたが、語ったとおりに歌ったので、なおさら驚愕したというわけである。

「ファルスタッフという役は伝統的に、語るように歌いすぎて表現にならなかったり、強く歌いすぎてヴェルディが求める色彩が表わせなかったりしがちですが、この役にはピアノからメゾフォルテまで、非常に色彩的な歌唱表現が求められています。それに応えるには、私がベルカント・オペラを歌ってきた経験が大きな助けになります」

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。