岸田繁と聴くクラシック Vol.3

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

interview & text:青澤隆明
photos:武藤 章

岸田繁が個人的なクラシック音楽の個人的な敬愛について語るロング・インタビューの3回目。今回は、ヨハン・シュトラウス、バルトーク、ショスタコーヴィチについて。『ワルツを踊れ』とヨーロッパのダンス・ミュージックの関係とは?

──ヨハン・シュトラウスはどこがいちばん好きですか?

クラシック音楽の歴史からウィーンは外せないわけで、ニューヨークにいってエンパイアステートビルみてキング・コングって思ったり、柴又行って寅さんと思う感じを、ウィーンにいたときに、もう肌で「これはもうヨハン・シュトラウスでしかない」という雰囲気とスピードを味わったので。

──無条件降伏みたいな感じ?

無条件降伏です。でも、実際にウィーンの演者たちが、ワルツのリズム、訛りについて説明してくれるんですけど、こっちはそのようには演奏できないんですよ。

──ウィーンに行って、たちまち『ワルツを踊れ』、と言うわけではなかった……。

とは言わないです(笑)。『ワルツを踊れ』のアルバムをつくってたときは、謎やったんです。なんでこういうステップなんかな、なんでこういう拍なんかなというのは、こいつらがこういう人やからって思ってて。でも、それが踊りたい、そのリズムの感じってなんなんやろう、ってずっと思ってたんですけど。

そのリズムがいちばん分かったのは、ほんまに酒場で酔っぱらって踊ってみて。その後、「Remember me」の録音でウィーンを訪れたときです。そのへんのおばちゃんが「おいでよ」って言って、大道芸人がアコーディオンで「テレレレー、チャッチャッ、チャッチャッ」とかやってるわけですよ。ステップを教えてもらって、それに合わせて踊ったら、「あ、ほんまやー!」みたいな、身体の動きがリズムにぴったりで。 「これや!」ってハマったときに、「ああ、やっぱりダンス・ミュージックが、ダンスが音楽つくるんやな」ということを、身をもって体験できた。もともと興味はあったんですけど、身体表現そのものというよりも、なにかの動きとダンスと音楽の相関性というのは、いまも興味があるので、そこからバルトークの奇数拍子とか、そっちにもっていかれました。

だから、『ワルツを踊れ』の制作でウィーンに行ってたときは、いろんなコンサート観られて、ほんまに収穫あったんですけど、ヨハン・シュトラウスはヤバイと思ったのと、たまたまバルトークの『弦、パーカッション、チェレスタの音楽』をシンフォニカーのほうで観てまずバチーンともっていかれて。そのときにいくつかいい曲を聴いて、『弦チェレ』とショスタコーヴィチのヴァイオリン・コンチェルトの2番はすごく聴きましたね。

──リズムが身体に落ちてきた。ヨーロッパのダンス・ミュージックということですね。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。