西本智実が「カルミナ・ブラーナ」で安藤美姫・畠山愛理とコラボレーション

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

11月30日に大宮のソニックシティ大ホールで行われる「西本智実 × ソニックシティシリーズVol.2『カルミナ・ブラーナ』」の制作発表記者会見が、6月25日に都内で行われ、振付を担当する安藤美姫と舞踊を担当する畠山愛理が登壇した。
(2019.6/25 東京都内 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)

畠山愛理(左)、安藤美姫

同公演は、指揮者の西本智実がソニックシティとタッグを組み演出を手がけ、新しい舞台芸術の創造に挑む「西本智実×ソニックシティシリーズ」の第2弾。昨年は、ソニックシティの30周年事業として、INNOVATION OPERA「ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜」を上演したが、今年は、西本率いるイルミナートフィルハーモニーオーケストラが3名のソリストや合唱団とともにカール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」を演奏。そして、音楽をバックに、安藤振付による畠山の舞踊や映像も交え、一大スペクタクルとも言うべきステージが展開される。

日々、音楽を聴きながらイメージを膨らませているという安藤は、以下のように意気込みを語った。
「氷の上で表現をしてきた立場なので、“陸の上”(笑)での振付ということで、最初は不安もありました。でも、表現者として、新体操の畠山さんの美しさと、私の氷上でのちょっと毒々しい振付というものをコラボレーションさせて、皆さんの心に残るような衝撃的な作品を作りたい」

氷の上での振付との違いについては、「フィギュア・スケートというのは、氷の上で、動きながら細いエッジの上でアウトとインサイドに体重を乗せながら、どこで美しく見えるかを追求する競技。陸上だと、一歩の距離だったり、風の受け方も違ってくると思います。どういう動きができるのか、まだ未知な部分もある」と、試行錯誤を重ねながら振付のアイデアを練っているようだ。

安藤美姫

「カルミナ・ブラーナ」を初めて聴いたのは、ジュニアの頃だったという安藤。
「もともと奥深い強みのある曲が好きだったので、すごく印象に残っていて、いつかこの曲で滑ってみたいなと思ったのが、いま考えればこの曲との出会いでした。強さをもった音楽ですが、その中にある愛・欲・美といったものを見つめ直して、柔らかくも深みのある表現で、西本さんの指揮で織りなされる曲に何か違ったイメージをプラスできるのではないかと思っています」
クラシック音楽の中では、「オリンピックのショートプログラムとエキシビションで使ったモーツァルトの『レクイエム』には思い入れがある」そうで、「世界選手権で2回優勝したときも、フリーが両方ともクラシックだったので、今回のカルミナも自分の新たな一歩となれればなと思います」と語った。

安藤美姫(左)、畠山愛理

一方、新体操元日本代表の畠山も、今回のステージでの安藤との協働への喜びは大きいようだ。
「現役の頃からフィギュアスケートが大好きで、安藤さんの演技をテレビでよく観ていたので、こうして振付をしていただいて一緒にひとつのものを作り上げていけるというのは光栄です。『カルミナ・ブラーナ』を聴いたことはあったのですが、詩の内容は知らずにいたので、今回深く知り、さまざまな感情をもった素晴らしい曲・詩だなと思いました。新体操ではあまり使われない曲だからこそ、どんな表現ができるか、いろいろ想像が膨らみます」
そして、「現役を引退して2年になるので、自分がどのくらい動けるのか心配」と笑いつつも、「安藤さんのもつ生まれ持った雰囲気と私では、違った色があると思う。合わせて作ったらきっと素晴らしいものになると思います」とコラボレーションへ期待を寄せた。

畠山愛理

スケジュールの都合で会見を欠席した西本は、ビデオメッセージを寄せた。
「『カルミナ・ブラーナ』は、私たちが生きる現代ととても近い時代に書かれた作品。作品からどういうメッセージ性を感じるか、というのは国や時代によっても違ってくる。その時にしか感じられないものを、会場の皆さんと共有したいと思っています。畠山さん、安藤さんに加わっていただき、視覚や聴覚など、五感に訴えかけるような作品にしたい」
二人との共演については、「日本を代表する才能をもったアーティストと、また違ったアプローチで作品づくりができます。それぞれの専門分野が重なって、私たちだけではできないことがまた広がっていくかもしれません。そういった瞬間をお客様に観ていただきたいと思っています」と述べた。

西本とイルミナートフィルによる壮大な響きが、身体の動きと呼応する一日限定の舞台に注目が集まる。


西本智実×ソニックシティシリーズVol.2「カルミナ・ブラーナ」
2019.11/30(土)14:00 ソニックシティ

西本智実(演出・指揮)
安藤美姫(振付) 畠山愛理(舞踊)名久井悠佳(舞踊/子役)
髙橋美咲(ソプラノ) 中井亮一(テノール) 桝貴志(バリトン)
イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
イルミナート合唱団 浦和児童合唱団
大野一興(映像)

一般発売:2019.7/4(木)
問:ソニックシティホール048-647-7722
https://www.sonic-city.or.jp/

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪