ベートーヴェンの真の生誕地と噂される街のピアノ博物館の危機|川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ

<おしらせ>
 La Valse【公式】Facebookはじめました「いいね!」で最新記事をチェック♪

2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します!


第3回 ベートーヴェンの真の生誕地と噂される街のピアノ博物館の危機
    〜経済と隣り合わせの文化の未来〜

text:川⼝成彦
photos:川口成彦 & Geelvinck Muziek Musea

来年生誕250年を迎えるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven(1770-1827)はドイツのボンで生まれたと言われる作曲家ですが、実は彼は1772年にオランダのズトフェンで誕生したという説もあります。ベートーヴェンには彼と同じ「ルートヴィヒ」という名前の赤子のまま亡くなった兄がいて、その兄の1770年のボンの教会の洗礼証明書を同名のベートーヴェンが引き継ぎ、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは1770年にボンで誕生」ということになりました。そしてベートーヴェン本人は、実は両親が1772年に滞在していたズトフェンで生まれ、彼も生前は「僕は1770年ではなく1772年に生まれたんだよ!」とよく話していました。これらのことを語るのはズトフェンにあるピアノの博物館 Geelvinck Muziek Musea(以後“ヘールフィンク・ミュージアム”と表記)のオーナーの方です。世の中に広まっている「真実」ではなく小さな街で語られる一説が“本当の”「真実」だとしたらなかなか面白いですが、果たして真相はいかに…。ズトフェンの街では「ベートーヴェン・フェスティバル」というものも開催されており、今日でもこの噂は密かに大切にされています。

聖ワルブルガ教会

ハンザ同盟都市の名残りを感じる街の建物

ズトフェンの街の音楽における今日のモニュメントの一つであるヘールフィンク・ミュージアムは2015年に閉鎖したアムステルダムのヘールフィンク・ヒンローペン・ハウス博物館 Museum Geelvinck Hinlopen Huis から拠点が移されて新しく歴史的ピアノの博物館として開館したものです。所蔵する楽器はオランダ最大の歴史的ピアノのコレクションであるスウェーリンク・コレクション Sweelinck Collection の一部を中心にしており、18世紀および19世紀の様々なタイプおよび国籍のピアノたちです。やはりオランダの博物館ならではということでオランダで作られたピアノは大変興味深いでしょう。ブレダの製作家デ・ラウター P. C. N. de Ruijter の1833年のスクエアピアノやアムステルダムの製作家ファン・デア・ドース C. C. E van der Does(1769-1827)の1815年頃のスクエアピアノがあります。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

この記事を書いた人

川口 成彦(Naruhiko Kawaguchi)

1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位(2018)、ブルージュ国際古楽コンクール・フォルテピアノ部門最高位(2016)、第1回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール優勝(2013)。フィレンツェ五月音楽祭をはじめ欧州の音楽祭にも出演を重ねる。協奏曲では18世紀オーケストラなどと共演。東京藝術大学楽理科卒業。東京藝術大学大学院およびアムステルダム音楽院の古楽科修士課程を首席修了。
公式ウェブサイト
https://naru-fortepiano.jimdo.com/