すべては美少年から始まった|萌えオペラ 第3回 モーツァルト《フィガロの結婚》

text:室田尚子
illustration:桃雪琴梨

オペラの世界には、女性が男性を演じる「ズボン役」というものがあります。前回ご紹介した《ホフマン物語》のニクラウスもそのひとつですが、年若い男性や少年であることの多いズボン役は、声種としてはたいていメゾソプラノによって歌われています(役によってはソプラノやアルトのものもあります)。ズボン役の魅力を最初に世に知らしめたといえるのが、モーツァルトのオペラ《フィガロの結婚》に登場するケルビーノです。

《フィガロの結婚》の舞台は18世紀半ばのスペイン・セビリア。ケルビーノは貴族のアルマヴィーヴァ伯爵の小姓で、あっちこっち女性に目移りしている思春期の少年という設定。リアルな十代の男の子はニキビ面で声変わりの途中だったりしてそれほど「美しい」ものではありませんが、ここはオペラ、フィクションの世界。当然ケルビーノは美少年でなければなりません。だって考えてもみてください。ケルビーノは年上の伯爵夫人に憧れを抱いていて、伯爵夫人の落としたリボンを傷口に巻いたり、伯爵の浮気をこらしめるためにフィガロの計画で女装させられたりするんですよ。そんなマネをして似合うのは、ただの少年ではなく美少年ならでは。

え、それはおまえの妄想だろうって?ノン、ノン!オペラの中で、伯爵夫人の小間使いでフィガロの許嫁であるスザンナは、ケルビーノに女装させながらこんなことを言います。

「このすました視線、仕草も、その姿も、女性たちが夢中になるのもよくわかりますわ!」「私でも嫉妬してしまいますわ!」「この子の腕、私より白いわ…まるで女の子みたい!」

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。