ジャズ作曲家・挾間美帆 ロングインタビュー Part2

interview & text:小室敬幸
photos:吉田タカユキ

新しくシンフォニックジャズを作曲するということ

国立音楽大学を卒業したあと、マンハッタン音楽院への留学を経て、2013年1月に山下洋輔プロデュースで「ジャズ作曲家」として改めてデビューしたというのは、これまで色んなところで何度となく語られてきた通り。ロングインタビュー後編では、そんな「ジャズ作曲家」挾間美帆が手がける「クラシック音楽寄りの作品」と、今夏に新しく立ち上がる「ネオ・シンフォニック・ジャズ at 芸劇」(構成・プロデュース:挾間美帆)の企画について話をうかがった。

——挾間さんはジャズだけではなく、クラシックや邦楽の演奏家からも委嘱を受けて、アドリブ要素のない作品もたびたび書き下ろされていますよね。ジャズ・ミュージシャンを想定した楽曲と比べると、作風にもっと幅があるような印象を受けます。意識的に変えていたりするのでしょうか?

作曲について、自分自身としてはあんまり意識したことはないですね。演奏者とかクライアントがインスピレーションの源になるのは事実なので、それによって変わるとは思うのですが。

——想定する演奏者次第で自然と変わっていくと。特に吹奏楽曲で作品ごとの違いを顕著に感じるのですが、どうでしょう?

例えば吹奏楽版とビッグバンド版がある《The Dance》は、両方を行き来することを意識しながら作曲しました。ビッグバンドのために書き始めた時点でシエナ・ウインド・オーケストラでもやる可能性があったのですが、吹奏楽ではどうしてもリズム隊、特にドラムセットを使いたくなかった。じゃあ、両方に上手くはめられるリズムとか、曲調ってなんだろう……と考えながら作ったのがあの曲だったんですね。リズムセクション〔※即興の出来るピアノ、ベース、ドラムなど〕がいるか、いないかは自分にとってかなり大きな要素になっていて、それですっかり曲想が変わってしまうのかなと。

——編曲ものではありますけど、ハービー・ハンコックの名作アルバム『Maiden Voyage』を大胆に編み直した《処女航海組曲》の吹奏楽版では、リズムセクションが例外的に導入されていましたよね。

あれはラ・フォル・ジュルネで初演した吹奏楽版よりも前に、まずアメリカでビッグバンドのために書いて、次に「plus 十(プラステン)」という10人編成のバンドのためのバージョンも作っているんです。さすがにあれをちゃんとしたリズム隊なしでやるのは原曲を壊してしまうことになるので、無理だと判断しました。

そして今だから言える話なんですが、もともと《処女航海組曲》はメトロポール・オーケストラ〔※ジャズとポップスの演奏に特化したオランダの管弦楽団〕のために書こうとしていたんですよ。2曲目の〈The Eye of the Hurricane〉に至ってはプロジェクトを売り込むために、メトロポールのためにデモを実際に書いているんです。ところが2013年に彼らは所属していたラジオ局から解雇されて予算がなくなり、決まっていた企画がキャンセルになってしまって……。

そういう事情があったので、頭のなかにメトロポール・オーケストラのシンフォニックな音が鳴っていた状態で書き始めていたんですね。それが吹奏楽に編曲するのに役立ったかもしれない。もともとがビッグバンド的ではなく、ちょっとシンフォニックな書き方に寄せていたわけです。

——それだけ、誰が演奏するかに大きく左右されているということですよね。でも、2018年2月に初演された管弦楽曲《Limonium(リモニウム)》では少し様子が違っていたように思います。演奏者の特性や意向ではなく、挾間さんが自身の手癖から離れるのを目的とした作品だとお聞きしました。そのために、マーラーとか、ストラヴィンスキー《春の祭典》、バーンスタイン《ミサ》などを参照したと。

あれは自分の殻を破るために喧嘩を売っているような曲だったので、オーディエンスを置いていってしまったなと自分でも思うんですけれど、あれがなかったら先に進めなかったので後悔はしていないです。

——指揮者の佐渡裕さんがスコアの表紙に大きく「変な曲」と書いていたとか……(笑)。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。