西脇義訓(指揮) インタビュー

果敢で新たなチャレンジ!
従来の常識を覆すオーケストラ公演再び!

interview & text:宮本 明

※「ぶらあぼ」2019年8月号掲載のインタビュー(p.51)の別バージョンです。

西脇義訓

指揮者・西脇義訓が2013年に創設した「デア・リング東京オーケストラ(DRT)」が、この9月に第2回公演を行う。

筋金入りの音楽ファンでも、西脇の名をご存知の方は、たぶんそう多くはないだろう。長くフィリップス・レーベルの国内プロデューサーとして活躍したベテラン。退職後は自らレコード会社「エヌ・アンド・エフ」を立ち上げ、高品位録音を追求したさまざまな試みを重ねながら、多くの注目盤を発表している。筆者も、公私にわたってさんざん世話になってきた、音楽業界の大先輩だ。

一方で、アマチュア・オーケストラの指揮者としても精力的に活動してきた人である。だから正直なところ、このオーケストラの噂を最初に聞かされたときには、そうした彼のアマチュア活動の一環、失礼ながら趣味の延長線上の話なのかとばかり思ってしまった。ところが今回実際に西脇に話を聞いてみると、その先入観はまったく外れていた。DRTは、これまでのオーケストラの常識を打ち破ろうとする、西脇の果敢で新たなチャレンジだった。

「アマオケの活動がまったく関係ないわけではないですよ。長年やってきたなかで、どうやればうまくいくか、感触を得た方法論がある。それがプロでも通用するのかの、挑戦でもあるのです。でもね、それを既存のプロでやるのは難しいんです。たとえば録音の都合で打楽器の位置を変えてほしいと頼んでも受け入れてもらえないという経験もありますし。じゃあ自分で作るしかない(笑)」

独立したきっかけにもなり、録音も多くありつながりの深い森悠子さん率いる長岡京室内アンサンブルの若いメンバーの一人が興味を持ってくれて、彼が核となって仲間に声をかけてくれた。ほかにも、やはり仕事で旧知のサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーなどに、若い生徒を紹介してもらうなどしながらメンバーを集めた。

「創立当時に音大を卒業したての、20代前半だったメンバーが中心です。なかには『ヨーロッパから帰ってきたのだけれども、自分が求めるオケがなかなか見つからない。ここでようやく見つかりました』と賛同してくれる人もいました。そういう人たちが一生懸命応援してくれるから続けられるのです」


いきなりブルックナーのレコーディングでスタート!

13年4月に約50人で活動を開始。もちろん、奏者たちにギャラを払って運営する、れっきとしたプロ・オーケストラだ。始めはブルックナーの交響曲第3番「ワーグナー」の録音だった。コンサートではなく、まず録音を主たる活動の場としてスタートを切ったのだ。レコード業界で生きてきた西脇らしい発想だろう。

「指揮者のいちばんの役割は、かけがえのない音色や香りを、メンバーと共に創っていくことだと考えています。最初にブルックナーの3番を選んだのは、理想の響きが出しやすいと思ったからです。普通だったらモーツァルトあたりから始めるのかもしれないけれど、でも最初にブルックナーをやって、それができればモーツァルトもできると思いました。逆に、モーツァルトができればブルックナーもできる。僕の中ではイコールなんです」

その後もおよそ1年に1枚ペースでCDをリリースし続け、昨年8月に初めてコンサートを開いて公開デビューを果たした。
DRTの弦楽器編成は少し、いや、かなり変わっている。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。