上野耕平(サクソフォン) special interview

20代にしてサクソフォン音楽の開拓者であり、休日もないのでは? と思えるほど多忙な日々を送る上野耕平。一方で最近では「鉄な人(=鉄道ファン)」として人気テレビ番組にも出演し、コンサートには「テレビを観て来ました」という人もいるという。そこから何が始まるのか、新しいサクソフォン音楽、クラシック音楽のファン層を築けるのか、サクソフォン人口は増えるのか。その活動から目が離せない上野耕平をあらためて知りたいという方のため、音楽歴やリスペクトしてやまないミュージシャンなどをうかがった。

interview & text:オヤマダアツシ
photos:野口 博

須川展也のリサイタルで人生が一変
「あの音を出したい!」という一心で奮起

──いま、ソロ奏者としてのコンサートをはじめ、レギュラーではどういう活動をしていますか。

ありがたいことに、各地からリサイタルやコンチェルトのソリストとして呼んでいただくことが多くなり、コンサート数が増えました。それに加えて、藝大時代の素晴らしい後輩たちと結成した「The Rev Saxophone Quartet」(サクソフォン四重奏団)と、やはり藝大時代からの仲間が中心となった吹奏楽団の「ぱんだウインドオーケストラ」、ぱんだの小編成版である「こぱんだ」ですね。それから作曲家の坂東裕大さんが中心になって活動している「アンサンブルFOVE」にもレギュラーで出演しています。「吹奏楽やジャズでしか知らなかったサクソフォンって、こんな音がするんだ」と驚いたり発見してもらえるよう、クラシカル・サクソフォンの魅力を伝えていきたいんです。

──クラシカル・サクソフォンは、音楽大学などでも演奏人口が増えているでしょうし、注目の奏者もどんどん出てきていますから、もっと注目されていいですね。

僕の前にも当然ながら素晴らしい先輩奏者がたくさんいらっしゃり、須川展也先生が開拓された部分も多いですけれど、演奏者側の努力も必要だなと思っています。

──須川展也さんとの出会いはどういうきっかけで。

小学校4年生のとき、住んでいた街に先生がリサイタルでいらっしゃり、それを聴いて「こんなにきれいな音が出るのか」と感銘を受けたことです。小学校2年生でサックスを演奏し始め、学校の部活動で楽しく楽器を吹いていた毎日でしたけれど、まったく知らない世界が広がった瞬間でしたね。もっと上手に吹きたいという意識が芽生えましたし、そのためにどんな練習をしたらいいのかと考えるようになりました。「あの音を出したい!」と思ったことがすべての原動力です。ですから先生の弟子になることは僕にとって必然でしたし、とりあえずリガチャー(リードを押さえるパーツ)の向きを、須川先生流に直してみることから。

──まずは形からだ、と。

大事です!

──須川さんのレッスンは厳しかったですか。

小学校では部活動の顧問をしていた板橋先生に基本を教えていただき、並行して鶴飼奈民(つるかいなみ)先生に個人レッスンを受けていましたが、当時は漠然と「プロの演奏家になりたい」と思っている程度でした。須川先生にはまず、プロの奏者を目指すならと、スケールやエチュードなどを演奏しながら基礎的な奏法を厳しく叩き込まれました。でも、こちらとしては早く曲が吹きたいわけです。先生に内緒で吉松隆さんの「ファジー・バード・ソナタ」などを練習して、レッスンにもっていくと「それはまだ先でいいから、いまは基礎ね」と呆れられ、挙げ句の果てには「言うことを聞かないのなら、もう来なくていい!」と怒られたこともありました。

──上手になりたいという気持ちが先走っている、若い頃特有の向上心ゆえですよね。

やっぱり憧れの人ですから近づきたかったのです。プレイヤーとしても、サクソフォン・カルテットの活動や新曲の委嘱などを積極的にされたことも、最高のお手本です。先生もお忙しいのでなかなかお目にかかれませんが、いつかコンサートをご一緒できたらいいなと思います。

──中高生を経て東京藝術大学へ入学し、2014にはCDデビューを果たします。

『情熱大陸』の取材を受けた際、中2の自分がこれからの人生について書いたメモが見つかったんです。驚いたのは、わりと書かれている通りに人生を歩んできているな、と。藝大へ入学することや、19歳で「日本管打楽器コンクール」の1位になること、「25歳でN響と初共演」「車の免許をとる」なんていうことも書いてあって面白い。この先は「ソニーのステレオCMに出る」らしく、30代でウィーン・フィルと共演して、37歳のときにはF1マシンをドライブしているみたいですよ。楽しみですね!(笑)

──それがどうなるかはひとまず置くとして、現在の活動は多岐にわたっていますけれど、具体的に考えていることはありますか。

東京の浜離宮朝日ホールで続けている「サックス道!」シリーズは、今年の12月に憧れの林英哲さん(和太鼓奏者)と共演が叶いますし、オリジナル作品・編曲作品の区別なく、紹介したい曲はまだまだたくさんあります。モーツァルトの音楽をサックスならではの豊かな音と表情で演奏したいと思いますが、安易なアレンジではなく、作品も楽器も栄えるようなクオリティにして、本質的な美しさを見極めながら形にしてみたいですね。


ヒントになるならジャズも講談も
好奇心旺盛であるがゆえ多忙な日々に。

──須川さんをはじめ、いろいろな音楽家に影響を受けたと思いますが、ジャズ・サクソフォンのベン・ウェブスターも、よく名前を挙げていますね。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。