反田恭平(ピアノ・指揮) ロング・インタビュー Part1

interview & text:オヤマダアツシ
photos:野口 博

人気ピアニストがオーケストラを創設するという話は、なかなかにインパクトが強く、それだけに「どういう演奏をするのだろう」「既存のオーケストラとはどこが違うのだろう」という期待感が高まる。特にメンバーが若い世代であるなら未来を視野にさまざまなことへ挑戦し、音楽家ばかりではなく聴衆が共感するという図式も見えてくるからだ。反田恭平が突如として立ち上げた「MLMナショナル管弦楽団(MLM=ロシア語で『音楽を愛する青年たち』という意味の略称)」は、反田自身やコンサートマスターを務める岡本誠司らが中心となり、同世代の音楽家から精鋭を選んだというオーケストラだ。7月後半に5か所で行われる立ち上げコンサートは、新鮮なアイデアも盛り込みつつフレッシュな演奏が聴けるであろうツアーとして、すでに注目を集めている。

反田恭平

MLMオーケストラは ダブルカルテットの進化形

──オーケストラの立ち上げには驚きましたが、以前のインタビュー等においても指揮者に興味があることは表明していましたね。

サッカーに夢中だった小学生の頃にピアノを始め、11歳になってから桐朋学園の音楽教室に通い出しましたが、そこで参加した指揮者のワークショップがすべての始まりでした。夏休みがつぶれてしまうので、実はいやいや参加したのですが、ワークショップの最後にオーケストラを指揮できるというチャンスが与えられたのです。今でも忘れませんが、調布グリーンホールのステージでオーケストラは東京ニューシティ管弦楽団。僕はまだ身長150cmくらいの子どもですよ。その子どもが手を振り下ろすと、ものすごい音楽がドーンと鳴り出すわけです。その瞬間でしたね、それまで一番大切だったものが“サッカー”から“音楽”へと変わったのは。翌年には『題名のない音楽会』の企画(振ってみまSHOW)で、再びオーケストラ(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)を指揮するチャンスに恵まれたのですが、ピアノという枠を越えて「クラシック音楽」という大きなものの魅力を教えてくれた体験だったなと思えるのです。

──その体験から生まれた思いは、ずっと持続されてきたわけですね。

2018年にMLMダブルカルテットのコンサートをしたことがきっかけとなり、今回のオーケストラへと結びつきました。今回もその時に演奏したメンバーの多くに加わってもらいましたが、特にヴァイオリンの岡本誠司君にはオーケストラに発展させたいという具体的な話や、いろいろな野望があるから可能な限り付き合ってくれないかということを話していました。

──とすると、反田さん、岡本さんの人脈で今回のメンバー(反田自身を含む17名)を決めたということですか。

弦楽器は岡本君の人脈が大きいですね。できるだけ一緒に演奏したことがあって、音楽性に共感できる同世代の人を選びたかったので、僕たちなりのこだわりは貫けたと思います。

──管楽器はどうでしょう。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。