反田恭平(ピアノ・指揮) ロング・インタビュー Part2

interview & text:オヤマダアツシ
photos:野口 博

反田恭平のアイデアにより創設された「MLMナショナル管弦楽団」。反田と共に立ち上げメンバーの中心となったのが「MLMダブルカルテット」でも名演を聴かせてくれたヴァイオリンの岡本誠司とチェロの森田啓佑だ。インタビューの後半は2人が加わり、今後の展開なども聞いた。

左より:岡本誠司、反田恭平、森田啓佑

互いに存在を意識し、 MLMへと続く3人の絆

──CDはどういう形でリリースされるのでしょうか。

反田 メンバーそれぞれの演奏を聴いていただくため、今回の会場で10人のメンバーそれぞれがミニ・アルバムを1枚ずつ、500円で販売します。ピアノは全部僕が演奏したのですけれど、知らない作曲家や曲もたくさんあって、自分でアイデアを出したのに大変でした。もちろんメンバーには名刺代わりとして活用して欲しい。一方では、子供たちにもCDを聴いて、オーケストラの楽器や音色を知ってもらいたいという目的もあるのです。今回はサントリーホールのライヴからモーツァルトのコンチェルトをネット配信しますし、森田君のCDとして、岡本君とラフマニノフのピアノ三重奏曲を録音しました。もちろん今後も、録音を希望するメンバーとは同じようにCDを作っていきたいです。

──その岡本さんと森田さんにもお話しに加わっていただきますが、まずオーケストラの構想を聞いていかがでしたか。

岡本 僕は、2016年の夏にプロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第1番を一緒に演奏する機会があり、MLMダブルカルテットに呼んでもらって、もっと一緒に演奏できる機会を作りたいと思っていましたから、オーケストラの話を聞いたときはうれしかったですね。その時にもメンバー全員で積極的に意見交換ができたり、演奏してみるとピアノも含めてみんなから「こうしようぜ」という会話が聞こえてきたんです。そういう体験があったからこそ「オーケストラ、いけるんじゃないか」と思えましたし、メンバーの中にはオーケストラ経験がすでに豊富な人もいますから、可能性は広がるなと感じています。

反田
 僕はMLMダブルカルテットの構想を考えたとき、まず岡本君に声をかけようと思いましたから!

森田 僕は、いつだったか……京王線の仙川駅で初めて聞きましたよ。

反田 駅!(笑)そうだった。2017年の冬じゃなかったかな。

森田 さっきのCDの話で思い出しましたが、たしかにMLMダブルカルテットで僕のことを知ってくれた方が、リサイタルを聴きに来てくれたことがあり、こういうつながり方や広がり方はいいなと実感しました。

岡本 森田君とは、小澤征爾さんの室内楽アカデミーに参加したとき、一緒に組んだアンサンブルで弾きましたね。あのときから、また共演したいなと思っていました。

反田 森田君のことを僕は高校生の頃から知っていました。でも共演したわけではなく、桐朋の高校にチェロも上手だけれどサッカーも上手いやつがいるって聞いて、たしか桐朋の体育大会で初めて会ったんだよね。岡本君も森田君も1年ぶりくらいで一緒に弾くと音楽が変化していて、同じメンバーなのにまったく新しい音楽ができるからワクワクするんです。おそらくオーケストラのメンバーみんな、そういう発展期にあるんじゃないかと思います。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。