マキシム・ミロノフ(テノール)| いま聴いておきたい歌手たち 第5回

text:香原斗志(オペラ評論家)

ロッシーニが望んだテノール

ベッリーニの『追憶 LA RICORDANZA』とロッシーニの『これがロッシーニだ! Questo è ROSSINI』マキシム・ミロノフが自主制作したILLIRIAレーベルの『室内歌曲集』がすばらしい。

まず、彼の声のクオリティがピカイチなのだ。最高の羽毛のようにやわらかく、艶があり、官能的な色彩を帯びていて、同時に陰影がある。だから独特の憂愁の響きがたまらない。また伸びやかで、自然に高音に達し、フレージングに気品があり……と、ほめ出したらキリがないほどだ。さらに特筆すべきは、室内歌曲には特に大切な言葉の明瞭さ。ロシア人が歌っているとは到底思えないほどイタリア語が美しく、むしろ、イタリア人より美しいくらいだ。

マキシム・ミロノフ

この柔軟な声を支えるのが抜群の音楽性で、ベッリーニの歌曲もロッシーニの歌曲も、こんな声で歌われるのを待っていたのではないか、とさえ思える。昨年、インタビューした際に、ミロノフはこんなことを言っていた。

「僕がいまロッシーニと対面したら、彼は“では君のためにパートを書こう”と言ってくれて、書き上がったパートは僕にぴったり、ということになったと思うんです。実際、ロッシーニのいくつかのパートは僕のために書かれたかのようで、僕はそれを最高に輝かせることができます」

これらの室内歌曲集には、小さな音符の連なりを敏捷に歌うアジリタなどの装飾歌唱はあまり出てこないけれど、もちろんアジリタもミロノフにとって十八番中の十八番だ。2016年11月には新国立劇場で《セビーリャの理髪師》のアルマヴィーヴァ伯爵を歌い、特に最後の大アリアで電光石火のごときアジリタを聴かせている。

だが、昨年8月、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァルで同じ役を歌うのを聴き、さらなる進化に驚かされた。すべての旋律の運びに品位があって、アジリタの切れ味が途轍もなくよいのはもちろん、それまでやや弱かった中低音が厚くなり、安定感が増していた。最近、フアン・ディエゴ・フローレスがロッシーニを歌う機会がめっきり減ってしまったが、「ミロノフがいるからいいか」と思えた。

座右の銘は「かたつむり そろそろ登れ 富士の山」

2005年にペーザロのロッシーニ・アカデミーの発表公演である《ランスへの旅》でリーベンスコフ伯爵役を歌ったのが、ミロノフの世間へのお披露目だったが、本人によれば、意外にもスタートは「3大テノール」だったという。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。