しらすと香味野菜のパスタ| マエストロのレシピ Vol.4

text & photos:曽我大介

日本のならではの素晴らしい食材の一つにしらすがあると思います。世界中を探しても普通のスーパーにしらすがある国なんて日本の他に知らないし、しらすを食べる文化すらない国の方が多いのではないでしょうか? そんな中、シチリア島でしらすに出会った時は驚きでした。シチリア島では“Pesce neonato”(生まれたばかりの魚)と呼ばれています。今回はオリジナルレシピのしらすのスパゲッティです。

Vol.4
しらすと香味野菜のパスタ

材料(3〜4人前)
スパゲッティ:300g〜400g(人数に合わせて量を決めます)
しらす(中干し):大1パック(たっぷり使いましょう)
カラーピーマン:色違いを3個
ピーマン(緑):3個
セロリ:1本
ミニトマト:1パック
にんにく:1片
オリーブオイル:適量
ハーブソルト:適量



作り方

1. 下ごしらえ

今回使ったしらすの量は写真の通り。
釜揚げではなく軽く干したしらすを使います。日本では安くしらすが手に入るのでたっぷり使いましょう。ピーマンは彩りを華やかにするために色のバリエーションにこだわりましょう。

ピーマン、セロリは小さく刻みます(面倒臭かったらフードプロセッサーを使っても良いくらい)。ミニトマトは1/4にカット。
にんにくは薄くカットしておきます。

2. 調理をスタートするのは茹で時間が7-9分くらいの麺なら、麺の茹で始めと同時スタートで良いでしょう。まずはこのコラムではよくやっている、たっぷりのオリーブオイルににんにくを入れ、きつね色になるまで炒めるところからスタート。

しらすを入れて軽くハーブソルトを振ります。軽く火が通り少し揚げたような風味が出てきたところでピーマン、セロリを投入。ここまで強火のままです。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

この記事を書いた人

曽我 大介(Daisuke Soga)

東京ニューシティ管弦楽団正指揮者。「ブザンソン」、「コンドラシン」での優勝をはじめ、各地のコンクールで上位入賞。日本、ヨーロッパ、ブラジルをなど世界を股にかけて活躍中。ルーマニア・ブラショフ市、ブラジル・ロンドリーナ市名誉市民。