あなたと音楽〜関西の大学で専門的に音楽に励む学生の「声」

関西 × 音楽 × 学生のためのカルチャーメディアとして、今春に創刊されたフリーマガジン『Bridge』。La Valseでは『Bridge』の記事をピックアップして紹介しています。前回は、クラシックの生演奏を楽しむことのできる関西圏のカフェやバーの案内をアップしましたが、今回は関西の大学で専門的に音楽に励む学生の「声」を紹介します。

関西には、演奏・作曲を専門的に学ぶことのできる音楽系の学部・学科を有する大学が各地に位置している。今回は、8つの大学から1人ずつピックアップ。
彼ら・彼女らが所属する大学は、音楽系の学部・学科を有しているとはいえ、まったく特色が違う。芸術に特化している芸術大学、教育をメインとする学部を有する教育大学、幅広い学部を有する総合大学、男女共学、女子大学。学生が音楽と対峙する姿勢を形づくるのは、その大学のオリジナリティとカラーだ。

彼ら・彼女らに、4つの質問を用意した。問いと答えを交わす中で、彼ら・彼女らは自分なりの言葉で、丁寧に自身や大学のことを語ってくれた。

質問内容
①あなたにとって音楽とはどんな存在?
②あなたの大学のイメージを感じ1文字で表すと?
③「勉強」という言葉に対してもつイメージ
④あなたの勝負メシ

①憧れ、一生つづけたいもの ②学 ③座学、基礎 ④いちごのチョコ

関西で唯一の音楽大学に通う澤すみれさん(大阪音楽大学・ヴァイオリン専攻・4年)は、「この大学に通う学生は、実力の伸びが著しいんです」と誇らしげに話す。
「先生方が私たちを精一杯サポートしてくれて、『学びたい』と思えば思うほど、それを実現できるのが大音の魅力です」

①自分の身体の中に刻まれているもの ②総 ③“want”があれば伸びる! ④牛肉しぐれのおにぎり

「ポーランドに留学したい」未来を見据えてそう話すのは、今井桃代さん(武庫川女子大学・声楽専修)。「武庫川女子大学では、音楽に偏らずたくさんの授業が開講されているんです。それらで培った学びが原点となり、留学したいと思うようになりました」、音楽はもちろん、その他語学、国際社会についても熱心に勉強を積んでいるそう。「やりたい!」という気持ちがあればいくらでも伸びる、と教えてくれた。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。