チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」その1(全3回)| 名曲レゾンデートル〜“傑作”の理由 Vol.3

text:城所孝吉

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、昔からブラームスやベートーヴェンの同種の作品と比べて、一段下に見られてきた。これは、当時の名ヴァイオリニスト、レオポルト・アウアーが演奏不可能として演奏を断ったことや、初演(1881年、ウィーン)でエドゥアルト・ハンスリックが「悪臭を放つ音楽」と酷評したことが、チャイコフスキーへの一般的な偏見と相まって生まれた評価と思われる。同じことは、彼のピアノ協奏曲第1番についても当てはまる。

しかし筆者は、この曲がとても好きである。なぜならここには、我々が普段知らないチャイコフスキーの姿が現れているからだ。このコンチェルトでは、全体にポジティブな感情が描かれている。つまり悲劇的でも、センチメンタルでも、激情的でもない。人生を謳歌し、それを心から味わい尽くす生命感が横溢しているのである。それは端的には、愛の高揚だ。そしてその愛は、現実のチャイコフスキーと強く結びついている。

チャイコフスキー

彼がこの作品を書いた背景には、イオシフ・コテック(1855-1885)という若いヴァイオリニストの存在がある。作品は、1878年の3〜4月にジュネーヴ湖畔のクラランで、わずか11日で作曲されたが、そこでチャイコフスキーと休暇を送ったのが、コテックであった。チャイコフスキーは、モスクワ音楽院で教鞭を取っている時期に彼と知り合ったが、両者の関係は、普通の師弟のそれではなかった。それを超える、極めて親密なものだったのである。

「こんなに恋心を持ったのは久しぶりです。彼のことは、6年前から知っています。ずっと好意を持っていて、何度も好きになりかけましたが、もう降参です。自分の想いに抵抗するのを止めました。何時間も彼の手を握っていると、居ても立ってもいられず、その場に身を投げだしたくなります。自分でもコントロールできないほど熱い想いに満たされ、口調も、子どものようにしどろもどろになってしまうのです」
(1877年1月31日の弟モデストへの手紙/出典:チャイコフスキー作品全集 論文・手紙編 第4巻110頁以降 文書番号538)

チャイコフスキーの同性愛は、我々の想像以上に現実的なものであった。学生時代には、クラスメートと後輩の少年を奪い合い、大人になってからも、様々な(不特定多数の!)男性と関係を持った。同じく同性愛者であった弟モデストとは、お互いに「カミングアウト」すると、自らの「ゲイ・ライフ」について率直な(というよりもあけすけな)言葉を交わしている。それは上の引用をはじめとする、多くの手紙にはっきりと刻印されている。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。