プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 

text:岸 純信(オペラ研究家)

【あらすじ】
明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改めて考えさせる」契機となるオペラである。本作はイタリア語の台本にイタリア人が音楽を付けたものであり、その直接の原作もアメリカ人の手になる英語の芝居なので、劇中に日本色が盛り込まれているとはいえ、全体的には「西欧人の眼から見た日本」を映す作品になっている。

ただし、作曲家プッチーニが見知らぬ東洋の国に寄せた思いは非常に強く、楽譜にわざわざ「Tragedia giapponese 日本の悲劇」と銘打ったぐらいである。そこには、彼が当時の駐イタリア公使夫人、大山久子の協力を仰いだ結果、彼女の知性と人柄に深く心打たれたという出来事も影響したのだろう。日本から持参した箏を弾いて邦楽のメロディを教えたと言われる久子女史の厚意に、プッチーニはいたく感動したに違いない。

一方、この作曲家は「耳を捉えた音」については譲らずにいた。蝶々さんに好意を寄せるお大尽ヤマドリについて、女史が「名前が女性的でおかしい」と述べたところ、プッチーニは「いや、この音が面白いから使いたいのです」とはっきり表明した。オペラはドキュメンタリーではなく、作曲家の「心をそそる音」が何より大切であったからである。また、日本の神様の名前も西欧人に聴きとり易い発音に変えられた。主人公を案じて女中のスズキが祈るシーンでは、イザナギ神が「Izaghi」に、猿田彦神が「Sarundasico」になり、お経を唱えるがごとく彼女はお鈴も鳴らすのだ。こうした細部が文化の誤解に結び付くかもしれない。しかし、プッチーニの音運びがあまりにスムーズなので、我々も自然と受け入れてしまうのである。

長崎・グラバー園のプッチーニ像

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。