サントリーホール バックステージツアー レポート

(C)サントリーホール

─あなたもこれで“サントリーホール通”! 内容満載の面白ツアーを体験─

text:宮本 明

1986年10月のオープンから33年。いまやサントリーホールはわたしたちの音楽生活と切り離せないクラシック音楽の殿堂だ。ファンなら年に何度も訪れるであろう、おなじみのコンサートホールだけれど、わたしたちがいつも見ているのは、そのおもて側の、せいぜい半分だけ。ふだん立ち入ることができないホールの裏側をのぞき、あのあこがれのステージに立つことまでできる(しかも無料で!)、そんなありがた〜い企画が「サントリーホール バックステージツアー」だ。これは面白そうっ!「心躍るワンダーランドはこの世の裏側にこそある」というのは、どこかの番組のナレーションだったっけ? 「 La Vals eby ぶらあぼ」 編集部に誘われて、7月25日(木)、興味津々で参加した。

ホール正面のカラヤン広場のオブジェ「響」。
設置面を水平方向に輪切りにすると、断面が「響」の文字をデザイン化したサントリーホールのロゴになっている!

バックステージツアーは午前10時30分受付開始。アークヒルズのカラヤン広場に面した正面入口前に集まった参加者はおおよそ50人ほど。平日の昼間ということもあってか中心は主婦層のようで、約7割は大人の女性の方々だった。

まずはそのまま広場で、エントランス上の壁から機械仕掛けでせり出してくる「パイプオルゴール」を見上げる。ふだんはコンサートの開場時刻と毎日正午に鳴り響く、小さなパイプオルガンの組み込まれたオルゴール。オルガン部分は小さいながらもホール内の大オルガンと同じオーストリアのオルガン製作会社が同じ素材で作ったミニチュア版だ。演奏曲はヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンクの《大公の舞踏会》で、バッハ・コレギウム・ジャパンの鈴木雅明の演奏をコンピュータでトレースした音だという。きちんと手をかけたものなのだ。曲は一定期間ごとに差し替えられている。

エントラス壁面に収納されているパイプオルゴール。両脇にいるのはワイン畑の番人の親子。彼らはワインヤード(ワイン畑)形式のサントリーホールも守っているのだ

これ、正直いって今までに2、3回しか見たことがなかった。いつも到着はたいていコンサートの開演時刻ギリギリだから……。曲が入れ替わることも、手の込んだ作り方であることも初耳。今度からはこれを楽しめるぐらいの余裕を持って、もっと早く来なくちゃなあと反省。

さて。受付を済ませた参加者はブルーローズ(小ホール)へ。ここでまずVTR『サントリーホール誕生』を観る。33年前の開館時の様子を20分ほどにまとめたミニ・ドキュメンタリーだ。

大指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンからさまざまなアドヴァイスを受けて誕生したサントリーホール。1986年10月12日のこけら落とし公演のオーケストラのチューニングは、初代館長で当時のサントリー代表取締役社長だった佐治敬三さんが鳴らすパイプオルガンの「ラ」の音で始まった。

当然だけれども画面に映る方々がみな33年ぶん若い! そしてアイザック・スターン、クラウディオ・アバド、武満徹、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、クルト・マズア、ジュゼッペ・シノーポリ、ゲオルグ・ショルティ……。いまは亡き巨匠たちや、今年6月に亡くなった伝説のステージ・マネージャー宮崎隆男さんの姿も。懐かしさのあまり、同行したベテラン編集者は思わず涙。設計段階での模型を用いての音響実験の様子など、ほかで見ることのできない貴重映像は一見の価値がある。

VTRが終わると全員でホワイエ(ロビー)へ移動。えっ? でもここはしょっちゅう来てるところだから別にいいよ。などとタカをくくってはいけない。目で見ているだけでは知り得ない豆意識がたくさんあるのだ!

ホワイエ天井の大シャンデリア「光のシンフォニー響」。
6,630個のスワロフスキーでできている

コンサート時にはけっして体験することのない、照明の消えた薄暗いホワイエ。天井のシャンデリアが点灯されると、参加者から「おおーっ」とため息が漏れる。照明デザインの第一人者・石井幹子さんによるシャンデリア「光のシンフォニー響」だ。6,630個のスワロフスキーで作られている。スワロフスキーの一個一個は涙型で、蒸留されたアルコールのしずくを表現しているのだそう。なるほど!

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。