ご挨拶と海の旅 | 水平線の彼方からのecho

中村風詩人のphoto essay vol.1

text & photos:中村風詩人

水平線に水蒸気が立ちこめ、雲間には虹のかけらが見えた

5年ほど前に「世界3周分の海の奇跡」と銘打って『ONE OCEAN』という写真集を出版した。お陰で今では“海の写真家”と呼ばれることが多い。元々は学生時代に遡り、海が好きで移動手段にフェリーを選んで旅をしていたのが始まりだった。学生のうちにドーバー海峡、バルト海、マラッカ海峡、地中海などを船で渡り、その後20代のうちにリバークルーズにも興味をもち、ナイル河や漓江、ミルフォードサウンドなどの船旅を経験し、今では海を本格的な仕事のフィールドとして12年目になる。

世界一周中は長いときで2週間陸地を見ないこともあった

そして海の仕事に没頭するきっかけとなったのは、2011年のこと。世界一周クルーズの全区間乗船だった。横浜から出港して西回りでアジア、アフリカ、ヨーロッパを巡り、大西洋を越えてアメリカ、中南米、ハワイへ。そして太平洋側から日本へと戻ってくる100日間のクルーズだ。クルーズには多くのスタッフやエンターテイナーといった仕事をする人が関わるが、実は世界一周を全区間乗船するスタッフというのは、そう多くない。航海士や機関士といった運航に関係するものは全ての区間を通して乗船しているが、半数のスタッフは100日間の連続勤務を許されず途中で入れ替わる。クルーズ自体は世界一周クルーズだが、人によっては世界半周クルーズということが少なくないのだ。特に歌手やマジシャン、落語家などのエンターテイナーは主要な港から主要な港までの、いわゆる区間乗船が多く、短い人は2、3日間の乗船のみで帰国することもある。そういった状況の中で写真家が100日間、全区間乗船をするというのは異例だった。

世界一美しい港町と称されるアマルフィの町

世界を一回りし、ふたつの季節と7つの海をまたぎ、16の国々に立ち寄った。港町というのは美しい港が多いが大抵は大都市からのアクセスが良い訳ではなく、どちらかというと自然や風情のある所の方が多かった。風光明媚な運河や個性的な屋根の色や形、日々変わる言語・・・数え切れない変化の中で、最も魅了されたのは他でもない海だった。言い換えれば100日間で最も変わらず隣にあるのだが、海はそれぞれの国や海域で驚くほど違った表情を見せてくれた。透明度、色、潮の流れ・・・乗客とも交わしていた会話の話題は海のことばかりで、明日の天気よりも先に海況(海の状況)のことを案じた。「明日の空は晴れるか」よりも「明日の海は穏やかか」という具合だ。その会話のひとつひとつが下船してからも愛おしく、また懲りずに船旅に出てしまう。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。