古都ブルージュの国際古楽コンクール | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ

2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します!


第4回 古都ブルージュの国際古楽コンクール
    〜未来への架け橋〜

text & photos:川⼝成彦

ベルギーの古都ブルージュ(フラマン語表記で「ブルッヘ」とも呼ばれる)は中世の面影を残した歴史地区が世界遺産に登録されている他、べギン会修道院や鐘楼も世界遺産に登録されている文化的に華やかな街です。エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト Erich Wolfgang Korngold(1897-1957)のオペラ《死の都》の舞台としても知られるこの街は、1960年から始まった歴史のある古楽音楽祭でも多くの人々を魅了してきました。この音楽祭は今日では「MAfestival Brugge」という名称で知られています(「MA」は「Musica Antiqua」の略記)。

マルクト広場の州庁舎
運河と遠くにそびえ立つ鐘楼

さてこの音楽祭では、1964年から「ブルージュ国際古楽コンクール」が開催されるようになりました。オルガン、チェンバロ、通奏低音、リコーダーおよび旋律楽器、声楽、アンサンブル等を対象にコンクールが行われ始め、1983年からフォルテピアノ部門も設立されました。グスタフ・レオンハルト Gustav Leonhardt(1928-2012)、フランス・ブリュッヘン Frans Brüggen(1934-2014)、アンナー・ビルスマ Anner Bijlsma(1934-2019)、トン・コープマン Ton Koopman、ジョス・ファン・インマゼール Jos Van Immerseel といった錚々たる顔ぶれが歴代の審査員に名を連ねる他、入賞者においても今日の音楽界を牽引する方々の名前が数多く見られます。フォルテピアノ部門の入賞者では、2001年に優勝したクリスチャン・ベザイデンホウト Kristian Bezuidenhout の今日の活躍は特に目覚ましく、近年では古楽オーケストラのみならずロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団やライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団など、モダン楽器の一流オーケストラの公演にもソリストや指揮者として姿を見せています。

さて、今年もフォルテピアノ部門が開催されました。今回は、長年審査員を務めてこられたアレクセイ・リュビモフ Alexei Lubimov が審査員を離れ、アムステルダム在住の七條恵子さんが審査員に選ばれたという点で、日本人として注目すべき回でもありました。コンクールは8月1日から7日にわたって開催され、予選、セミファイナル、ファイナルとすべてブルージュのコンセルトヘボウで行われました。「コンセルトヘボウ」と言えばアムステルダムの有名なホールを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ブルージュにも同名のホールがあります。

ブルージュのコンセルトヘボウ外観

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

この記事を書いた人

川口 成彦(Naruhiko Kawaguchi)

1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位(2018)、ブルージュ国際古楽コンクール・フォルテピアノ部門最高位(2016)、第1回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール優勝(2013)。フィレンツェ五月音楽祭をはじめ欧州の音楽祭にも出演を重ねる。協奏曲では18世紀オーケストラなどと共演。東京藝術大学楽理科卒業。東京藝術大学大学院およびアムステルダム音楽院の古楽科修士課程を首席修了。
公式ウェブサイト
https://naru-fortepiano.jimdo.com/