【ゲネプロレポート】藤原歌劇団公演《ランスへの旅》

ソロの妙技と演技、
そして華麗なアンサンブルの醍醐味きかせる高水準の舞台

 
 《ランスへの旅》は、ロッシーニがフランス国王シャルル10世の戴冠祝賀行事のために作曲したカンタータ。作曲から159年経った1984年に、ペーザロ・ロッシーニ・フェスティバルで「オペラ」として復活上演され、その後世界の歌劇場のレパートリーになった。藤原歌劇団がこの作品を上演するのはこれが3回目。今回は、2015年に好評を博した松本重孝演出の舞台の再演となる。公演は9月5日、6日、7日、8日の4日間。砂川涼子他が出演する5日・7日組の最終総稽古(ゲネラルプローベ)を取材した。今回は休憩1回入れての2部構成での上演。
(2019.9/3 新国立劇場 取材・文:室田尚子 Photo:Lasp Inc.)


 この作品の魅力は何といっても、総勢14名を超えるスター歌手がズラリと勢揃いし、それぞれにキラリと光るアリアや重唱を披露すること。今回は、藤原歌劇団だけでなく、東京二期会など国内の名だたるベルカント・オペラの名手が集結。また合唱も、藤原歌劇団・東京二期会・新国立劇場の混成メンバーで、実に華やか、かつ力のあるプロダクションとなっている。

 「全編これ見せ場」といってもいいような作品だが、まず第1幕では、オシャレに命をかけているフォルヴィル伯爵夫人が歌う大アリア〈私だって出発したいですわ〜神様、感謝します〉に注目。ソプラノ・レッジェーロの超絶技巧が存分に盛り込まれた10分を超える曲を、佐藤美枝子が高らかに歌い上げる。コケティッシュな演技も絶妙で、客席の注目を集める実力はさすがだ。

 ポーランドのメリベーア侯爵夫人をめぐって恋のさや当てを演じるのは、スペイン大公ドン・アルヴァーロとロシアのリーベンスコフ伯爵。チャーミングな才女であるメリベーアを歌う中島郁子は安定感のあるアジリタが心地よい。須藤慎吾のドン・アルヴァーロはエスカミーリョを思わせる男前。繊細な小堀勇介のリーベンスコフは高音を響かせて〈何と不実な女だ〉を歌う。


 ローマの女流詩人コリンナを歌うのは、前回・前々回とこの役を歌っている砂川涼子。気高く美しいコリンナのアリアは2曲あるが、いずれもハープの伴奏によって歌われる即興性の高い曲。細やかな装飾が施された中、音楽全体に流れる抒情性を実にていねいに表現する。

 そのコリンナを口説くのがフランスの騎士ベルフィオーレ。どちらかというと生真面目な役が多かった中井亮一が、いやらしい女たらしの演技全開で迫る。中井がこんなに喜劇の才能のある人だったとは!と舌を巻いた。大注目である。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。