【会見レポート】英国ロイヤル・オペラ日本公演、9月12日に開幕!

 9月12日の開幕を控え、英国ロイヤル・オペラ2019日本公演の記者会見が開催された。アントニオ・パッパーノ音楽監督をはじめ《ファウスト》と《オテロ》の主役たちが顔を揃えた。
(2019.9/6 東京都内 取材・文:吉羽尋子 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)

左より:イルデブランド・ダルカンジェロ、ヴィットリオ・グリゴーロ、アントニオ・パッパーノ、フラチュヒ・バセンツ、グレゴリー・クンデ、ジェラルド・フィンリー

アントニオ・パッパーノ

 「日本に来るたびに大きな喜びを感じています。日本公演は、ロイヤル・オペラ唯一の海外公演であり、全員がロンドンを離れて公演するという特別な機会なのです」とパッパーノ。そして、今回上演する《ファウスト》と《オテロ》については、「マーベラス(信じられないほど素晴らしい)な2本を紹介できるのはとても素晴らしいこと!」と述べ、演目への想いを一気に語った。

「《ファウスト》は音楽に大変力があり、いろいろな要素が詰まっています。登場人物のすべてが特別な個性を持っているので、キャストの充実が不可欠ですが、今回はこの上ない“悪魔”と“プロフェッサー”が揃いました(笑)。もう1本の《オテロ》は、ヴェルディの集大成というべき作品。シェイクスピアのメッセージをストレートに、そしてダイレクトに伝えます。オテロとヤーゴは最も難しい役ですが、こちらもまたクンデとフィンリーという素晴らしい歌手が揃いました。汚れのない純粋さが必要なデズデモナ役のバセンツも、申し分ありません。2つの異なるスタイルの作品の両方を日本で指揮することを、とても嬉しく思っています」


ヴィットリオ・グリゴーロ

 ファウスト役のヴィットリオ・グリゴーロは、これまでにも来日したとはいえ、本格的なオペラの舞台に登場するのは今回が初めて。「最高の指揮者であるパッパーノのもとで歌えるのは最高! 友であり、すべてを信頼して任せられる彼がマジックを起こす場に居あわせることができて嬉しい」とパッパーノとの共演に自身の期待を膨らませているよう。

 メフィストフェレス役のイルデブランド・ダルカンジェロは、前回のロイヤルとの来日がドン・ジョヴァンニ役だったことを振り返り、「ドン・ジョヴァンニも悪いヤツだったけど、今度は遂に悪魔です」と、会場の笑いを誘った。

イルデブランド・ダルカンジェロ

グレゴリー・クンデ

 数多いテノール歌手の中でも、ロッシーニとヴェルディ両方のオテロを歌う歌手はほとんどいない。その希少な一人がグレゴリー・クンデだ。二つの作品の違いは? という質問には、「作品のもつスタイルという点では、ベルカントのロッシーニ、ヴェリズモ的なヴェルディ、といえるとは思うけれど、歌うことについての取り組み方で私自身が大きな違いを感じることはありません」と答えた。そして「ヴェルディのオテロは、テノールが目指す頂点の役」であるとも言う。

 出席者のなかの紅一点、デズデモナ役のフラチュヒ・バセンツは、一見プリマドンナとしての艶やかなオーラを放っているのだが、「英語は得意ではないので間違えたらごめんなさい」と謙虚さが愛らしい。「単なる指揮者ではなく、音楽家というのでもない…その指示はまるで素晴らしい絵を描いていく画家のようだと思っています。そして、私たちを護ってくれる守護神のよう」と、パッパーノへの全幅の信頼を寄せている。

フラチュヒ・バセンツ

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。