ヴィットリオ・グリゴーロ(テノール)| いま聴いておきたい歌手たち 第7回

text:香原斗志(オペラ評論家)

上等の樽で熟成した上質のワイン

味つけが濃くて、食が進まないどころか、食後も異様にのどが渇いたり、胃がもたれたりする料理がある。一方で、同じくらい濃いのにいくらでも食べられて、胃もたれと無縁の料理もある。前者は素材が悪いか、料理人の腕が悪いか、添加物だらけか、あるいは、それら複数の組み合わせだろう。後者は、腕のいい料理人がとびきりの素材を使い、添加物なども使わずに調理したものに違いない。

話の主役は、もちろん、ヴィットリオ・グリゴーロである。イタリアのテノール歌手の話題なのに濃い料理の話を前に振ったのは、彼の歌唱が濃いから。時に濃すぎるほどなので誤解を招くこともあるが、グリゴーロの歌は、これ以上ないすぐれた素材を、最高峰の腕であつらえた料理にたとえられる。それは、最良のぶどうを最高の状態で熟成させたワインと言ってもいい。実際、昨年インタビューした際、本人が「私が何年もかけて獲得したテクニックはいま、上等な樽で熟成した上質のワインのような状態にあります」と語っていた。

C)Jason Bell

オペラの舞台でも、リサイタルでも、いつも濃い。舞台上のパフォーマンスも派手で、それに呼応して強い感情を声に乗せ、歌のテンポを伸縮させたりもする。そんなことをすれば、たいていの歌手は声が続かないし、歌のフォームも崩れてしまうが、グリゴーロばかりは、そんな歌い方をしながら、むしろ余裕を感じさせる。

彼の声を初めて生で聴いたのは2012年9月、ミラノのスカラ座での《ラ・ボエーム》だった。正直に言えば、それまで私はグリゴーロに先入観を抱いていた。2006年にポップスのアルバムを発表し、イタリアではポップス歌手としても有名であったため、“色物”ではないかと思っていたのだ。

しかし、それはとんでもない誤解だった。グリゴーロは声が美しいだけでなく、イタリアの正統的な発声を完璧に身につけている数少ないテノールなのだと、すぐ再認識させられた。正しい呼吸法に支えられていればこその濃密で厚い声。マスケラを通した理想的な響き。その声をピアニッシモからフォルティッシモまで変幻自在に操る万全のテクニックがあり、フレージングに思いのままに色彩や艶、香りを加え、ロドルフォという役柄に命を与えていた。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。