チャイコフスキー《スペードの女王》| 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第4回 

text:岸 純信(オペラ研究家)

【あらすじ】
士官ゲルマンは、貴族層の娘リーザと恋仲になる。貧しい彼は、リーザの庇護者の老伯爵夫人から賭け事の秘伝を聞いて一攫千金を夢みるが、老女はあえなく絶命。のちに幽霊姿で秘密を教えにやってくるが、ゲルマンは裏をかかれ、破滅する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《スペードの女王》の価値は、3分半ほどの短い序曲からも存分に伝わってくる。僅か数十日間で作品を完成させたというチャイコフスキーの集中力がそこに凝縮されているからだ。切ない心を訴えかける冒頭のモティーフから、スリリングで怪奇的な展開部を経て、偽りなき愛の喜びを示す壮大な終結まで、この作曲家にしか書けない「包み隠さず伝えようとする心」で貫かれた、簡潔かつ雄弁な音運びなのである。

マリインスキー歌劇場公演より
C)N.Razina

原作者はロシアの大文豪プーシキン。ロマノフ王朝の帝都サンクトペテルブルクを舞台に、身分違いの恋を成就させるべく、それまで手を出したこともないカードの賭け事で大金を手にしようと目論んだ青年士官が破滅するまでを描く物語である。ちなみに、原作の短編小説をオペラ化するにあたり、台本作家(作曲者の実弟モデスト)は人生の明暗を際立たせるため、大舞踏会の余興の場を追加。さらには、ドラマにさらなる凄みを与えるべく結末も改変した。小説では青年士官ゲルマンが最後に発狂し、彼が愛したリーザは別の青年と新たな人生を歩むが、オペラではリーザがネヴァ河に身投げし、勝負に失敗したゲルマンは自殺して幕となるのである。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。