田中彩子(ソプラノ)インタビュー

interview & text :室田尚子

ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる音色」に魅了されることだろう。そんな田中が、このたび、ニューアルバム『Vocalise』をリリース。コロラトゥーラの用いられた歌曲から、ピアノやヴァイオリンの超絶技巧の曲をアレンジしてヴォカリーズで歌ったものまで、彼女の「楽器」を存分に堪能できる1枚に仕上がった。

C)Tadayuki Minamoto


アルバム『Vocalise』について〜コロラトゥーラの新たな可能性

「以前から自分の声の特徴であるコロラトゥーラをよりよく活かすには何ができるか、と考えていました。あまり有名ではない作曲家のコロラトゥーラのための曲なども探して演奏していたんですが、もっと可能性があるのでは、と考えていた時に頭に浮かんだのが、リストやパガニーニの作品なんです。彼らは、ピアノやヴァイオリンという自分の楽器の特徴を最大限に活かすために曲を書いた。特にリストは、パガニーニのヴァイオリン作品をピアノ編曲しています。だったら私も、楽器のための書かれた曲をヴォカリーズで歌ってみたらどうだろう、と思いつきました」

ヴォカリーズとは「母音唱法」とも呼ばれるように、歌詞はなく母音だけで歌う唱法。このアルバムで田中は、パガニーニの「カプリース第24番」や「ラ・カンパネラ」といった超絶技巧で知られる作品から、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」、ドビュッシーの「月の光」「星の夜」などたいへん幅広い楽曲をアレンジしてヴォカリーズで歌っている。

「ヴォカリーズは言葉がないので歌詞のある曲より難易度がひとつ上がる感じです。ですから、器楽曲をアレンジしたものは、どれも恐ろしく難しかったのですが、中でもピアノで弾くときはそれほど難しくないのに、声で表現するのはこれほど大変なのかと再認識させられたのが、ゴーティエの『秘密』です。でもそれだけに歌いがいがあって、コロラトゥーラの新たな可能性も感じました。コロラトゥーラはもともと器楽的な音色を特徴としていますし、ある意味楽器の音色を声で表現できる唯一の声種なのではないかと思います」

アルバムを聴く前から、パガニーニなどの超絶技巧をコロラトゥーラで表現するのは親和性が高いだろうな、と思っていたのだが、新たな発見があったのはドビュッシーやゴーティエの作品の方だった。メカニックな印象の強いコロラトゥーラの響きが実に柔らかく、広がりのある音色を実現している。

「オーケストラというキャンバスの中でそれぞれの楽器の音色が絵の具の一つひとつの色であるように、声も音楽というキャンバスの中で他の音色と混ざり合ったり、曲によってはそこから声がふわっと立ち上ってきたり、ということを心がけました。そのために、自分の声の特質を色々な角度から検討し直し、使い方を工夫しています」

ある意味、オペラのプリマドンナ的なあり方とは一線を画す、「コロラトゥーラ・ソプラノ」の新たな可能性を感じさせるアルバムとなっている。


ピアノから歌へ〜コロラトゥーラとの出会い

田中彩子がコロラトゥーラ・ソプラノとして成功するまでの軌跡は、2016年に出版された自身のフォトエッセイ『Coloratura』(小学館)に詳しいが、それによると彼女はもともとピアニストを志していたのだという。

「3歳の時からずっとピアノを弾いてきて、生活の中に当たり前にピアノがあったので、ピアノがない生活は考えられませんでした。ところがある時、自分の手が小さくてピアニストには向かないことがわかったんです。でも音楽以外の進路は考えられないと悩んでいた17歳の時に、バリトン歌手の小玉晃先生と出会い、「君はコロラトゥーラ・ソプラノだね」と私の声を見出していただきました。それで、私は歌の道に進む決意をしたんです」

こうして高校3年生の年に、ウィーン在住の宮廷歌手ミルカーナ・ニコロヴァの元で行われる講習会に参加。生まれて初めての海外、しかもリートとアリアの違いすらわかっていなかった田中だが、一歩ウィーンに降り立った瞬間、「自分がこれまで演奏してきたクラシック音楽はここからきたのだ」と感じたという。そして講習会が終わる頃には「私はここにいるべきだ」という確信めいたものを抱いていたというのだから、まさに彼女にとって、「ウィーン」と「歌」は出会うべくして出会った世界だったのだといえるだろう。ニコロヴァから「歌の道に進みたいなら早い方がいい」といわれ、帰国して高校を卒業後、再びウィーンへ。

「決めたらウジウジ悩まないタイプ。基本的に物事は“やらな”(関西弁のイントネーションで。田中は京都出身)って、即決です」

C)Tadayuki Minamoto

そんな田中が、改めて「プロの歌手としてやっていく」と腹を括ったのは、ウィーンに留学してから4年後、22歳の時に、スイスのベルン州立歌劇場に《フィガロの結婚》のバルバリーナ役でデビューを飾った時だという。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。