【レポート】松岡茉優、松坂桃李らが登壇〜映画『蜜蜂と遠雷』完成披露イベント

映画『蜜蜂と遠雷』(石川慶監督、10月4日全国公開)の完成披露イベントが9月16日に東京都内で行われ、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士と監督の石川慶が登壇した。

取材・文:編集部
Photos:S.Kishinami & J.Otsuka/Tokyo MDE

左より:石川慶監督、松坂桃李、松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士

松岡茉優

「直木賞」「本屋大賞」を同時受賞を果たした恩田陸の同名小説を映画化した本作は、国際ピアノコンクールを舞台に世界を目指す若きピアニストの挑戦を描く。
将来を嘱望されていた元天才少女で、再起をかけてコンクールに挑む栄伝亜夜役を演じた主演の松岡茉優

「恩田陸先生が、構想13年、執筆7年と時間と努力をかけて書かれた小説の実写映像化です。原作を読んだ時には音が鳴り響くような感覚でした。言葉では言い表せないほど素晴らしいこの原作を実写映像化することは、挑戦というよりも“闘い”。お話をいただいた時に、恩田先生が納得するものを創らなければと強く決意しました。

石川監督、撮影監督はポーランドで勉強されていたこともあり、日本映画離れした映像美とクラシック音楽映画とは思えない新しい音楽映画ができたかなという自信があります。新しい音楽映画の誕生を見守って下さい・・・大きなこと言っちゃった(笑)」と照れながら語った。

松岡茉優

松坂桃李

楽器店勤務のサラリーマンで、年齢制限で今回が最後という覚悟を決めてコンクールに出場した高島明石役の松坂桃李は、原作者・恩田の本作への絶賛コメントを受けて、想いを語った。
「恩田先生からその言葉を聞けただけで、胸をなでおろす思いです。それぐらいハードルの高い作品でもあったので、本当によかったです。僕も映画を見て、一つのコンサートを見ているかのような、コンクールの観客の一人として体験できる世界観が実現されています。邦画にはあまりないカメラワークや演出で、クラシック慣れしていない方にも楽しんでいただけるものになっていると思っています」

松坂桃李

森崎ウィン

亜夜とともにピアノを学び、名門ジュリアード音楽院に在学、そのルックスと育ちの良さから“ジュリアード王子”と呼ばれる優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール役の森崎ウィン

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。