河村尚子(ピアノ)インタビュー

interview & text:オヤマダアツシ

はてしなく弾き手も聴き手も魅了し続け、まだこんな可能性があったのか! という驚きさえ提示してくれるベートーヴェンのピアノ・ソナタ。14曲をセレクトしたコンサート・シリーズ(全4回)と、さらに曲をセレクトした録音が注目を集めている河村尚子。シューマンやショパンほか、クラシック・ピアノの王道作品といえるレパートリーを刷新する一方で、ここ数年は矢代秋雄の協奏曲やバーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」などを披露し、新境地を開拓している。

この秋は話題の映画『蜜蜂と遠雷』で、主人公の一人である栄伝亜夜(演じるのは松岡茉優)の演奏を担当。「人生、楽しくないと!」という彼女に、映画のことやベートーヴェンのことなどを訊いた。

C)Marco Borggreve


コンクールのときに不安を感じる状況など
亜夜に共感した部分はたくさんありました

──映画『蜜蜂と遠雷』をご覧になっていかがでしたか。

私が関わったのはまだ撮影が始まる前で、劇中で流れる音源の録音を先にしたのですが、藤倉大さんが作曲した「春と修羅」の録音と、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を録音した際には、栄伝亜夜役の松岡茉優さんとマサル役の森崎ウィンさんが見学にいらして、演技の練習や役作りの参考にされたとうかがいました。その時点では原作を拝読した段階でしたけれど、映画の試写を拝見してとても素晴らしい作品になったなと思います。

──栄伝亜夜と河村さんとの共通点はありましたか。

演奏を亜夜のイメージに寄せるということはなかったのですが、共通する部分はあるなと感じていました。たとえば自然な雰囲気を大切にして感覚的な演奏をするところや、無理なく子どもの時代へ戻れてしまうところなど、きっと彼女は素直に、柔軟に生きているのだろうなと思います。

──河村さんご自身も音楽コンクールを受けた経験はおありですが、登場するキャラクターの中ではどのタイプでしたか。

そうですね…。やっぱり亜夜でしょうか。コンクールのときも、上手く弾けなかったらどうしようとか、お客さんはどういう反応を示してくれるだろうとか、いろいろな不安を抱えながらステージへ出て行きますが、ステージに立ったらどんな不安も取り去って演奏しなければいけません。そういう不安の描き方を観ながら、「そういえば私もそうだったな」と思ってしまいました。
映画の中で風間塵が亜夜に向かって「世界中でたった一人になってもピアノに向かっている。おねえさんはどう?」と尋ねるシーンがありますが、観た後で「私はどうだろう」と考えましたね。
今、ドイツのエッセンにある芸術大学では生徒を8人もっているのですけれど、コンクールを受ける子もいますし、いろいろなタイプの子たちをどうすれば助けてあげられるのかと考えたり、映画を観ながらちょっと身につまされることもありました。

──エッセンでの河村先生のレッスンは厳しいのでしょうか。

あ、たぶん厳しいと思います。もちろんフレンドリーな部分とのバランスやけじめは大事にしていますよ。私は両親が日本人ですし、小学校6年生の1学期までは日本人学校に通っていましたから、日本人のメンタリティを受け継いでいます。ドイツに住んで長くなりますが、住めば住むほど日本的な部分が自分の中に見つかりますし、それを意識してアピールしていきたいと思うこともありますね。演奏にもそういった意識は反映されているのかもしれません。

C)Marco Borggreve


楽しく新鮮な気持ちで弾けるような気がして
ベートーヴェンへ取り組んでいます

──ベートーヴェンのピアノ・ソナタ録音は、2019年4月にリリースされた第1弾(月光、悲愴ほか)に続き、10月に第2弾がリリースされます。一方で18年から19年にかけ全4回のコンサート・シリーズが進行中であり、全32曲中14曲を演奏されます。

ベートーヴェンのソナタは、もちろん子どもの頃からレッスンで弾くこともありましたが、実を言いますとあまり得意な作曲家ではないという意識があったのです。あらためて取り組んでみようと思ったのは、この5年〜7年くらいのことですね。

──なにか、そう思えるきっかけがあったのでしょうか。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。