美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》

text:室田尚子
illustration:桃雪琴梨

前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位を継いでいる彼を「美少年」というべきか「美青年」というべきか、微妙なところではありますが、一応未成年なので「美少年」としておきます。

さて、「恋とはどんなものかわからない」とうるんだ瞳で女性たちに訴えていたケルビーノと違い、オクタヴィアンには彼のことを「カンカン」と愛称で呼ぶ恋人がいます。オーストリア陸軍元帥ヴェルテンベルク侯爵夫人マリー・テレーズ、マルシャリン31歳(推定)。仕事や趣味の狩で家をあけがちな年の離れた夫との結婚生活に絶望している、一回り以上年上の人妻。オペラの前奏曲は、ふたりの夜の様子がオーケストラによって克明に描写されていく、クラシック音楽史上もっともエロい曲、といわれています。そして、幕が開くとそこは「後朝(きぬぎぬ)」の情景。ベッドには、昨夜の情事の余韻に浸るふたりの姿が・・・。

古来、「若いイケメンと年上の人妻の恋愛」というのは、オペラに限らず文学や映画や様々なジャンルで山ほど紡がれてきたわけで、ある意味ではありふれた筋立てともいえますが、この第1幕冒頭が最高に萌えるのは、元帥夫人もオクタヴィアンも演じるのが共に女性だ、というところです。なぜ、女性同士のラブシーンにこれほど胸をときめかせてしまうのか、というあたりを突き詰めていくと自分の性癖のあれやこれやを暴露せざるを得なくなりそうなのでやめておきますが、「18世紀ウィーンの貴族の寝室」というため息が出るほどゴージャスで美しい舞台装置に負けず劣らずゴージャスで美しい音楽が、この「萌え」を強力に後押ししていることも忘れてはいけないポイントでしょう。リヒャルト・シュトラウスさん、ありがとう。

ところで、21世紀ニッポンのネット社会で、「未成年男子と人妻の恋愛」を称賛しようものなら、「不倫!」「淫行!」「ビッチ!」などという罵倒が飛んできて炎上は避けられません。しかし、ここはいったん深呼吸をして、私の話を聞いていただきたい。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。