映画『蜜蜂と遠雷』特集|映画監督・石川 慶 インタビュー

interview & text:オヤマダアツシ
photos:Sei Kishinami/Tokyo MDE

クラシック音楽界やクラシックファンのみならず、大きな話題を呼んでいる映画『蜜蜂と遠雷』(恩田陸原作、2019年10月4日公開)。国際ピアノ・コンクールを舞台とし、才能豊かな音楽家の卵たちを描いていくこの作品だが、それだけに演奏される音楽の存在が重要な位置を占める。メガホンをとったのは、日々の中で罪を犯す人々を不思議な静けさと共に描き出していく映画『愚行録』(17年公開、出演:妻夫木聡、満島ひかり)で注目された石川慶監督。「映像化は不可能だと言われた傑作」という言葉が宣伝コピーとしても踊るこの映画を、どのように撮ったのか。その過程などをうかがった。

──原作者の恩田陸さんが「映像化は無謀、そう思っていました」とおっしゃっているほどハードルが高いお仕事だったと思いますが、どういったところが難しかったのでしょうか。

まず原作の小説を拝読して、抜群に面白いなと思いました。音を一切聴かせずに読者の想像力で音楽を響かせるという醍醐味がありますし、同じストーリーの中でその音楽を実際に聴いたとしても、読んだ後の感動と映画として観た後の感想はまったく違うものになってしまいますから、負け戦に臨むような気さえしていました。結果的には、映画でしかできない表現で、しかも音楽面も妥協をしていない作品になったと思います。

──ピアニストの演奏する姿には一流アスリートのような美しさがあると思いますし、音楽と連動した動きや表情など、映像的にキャッチーな面もたくさんあります。どのように撮影をされましたか。

演奏シーンというよりアクションシーンを撮影しているような気分でした。撮影を前にどういったフレーム(アングル)で撮ろうかと考えていたとき、参考までにいろいろなピアニストの映像を観たのです。そうしたらピアノという大きくて黒い“箱”の存在が圧倒的で、どの映像も4パターンくらいのフレームで撮影されていたので、そこでも難しさを感じていました。

そうした中でスタッフと考えたのは、単にピアノを弾いている姿を撮影するのではなく、彼または彼女がどういうキャラクターでどういう戦い方をするのかということが伝わらないといけない、そこにどんな物語があるのかということを描かないといけないということだったのです。僕はすべてのスタッフを集めた会議の中で『これは音楽映画で、台本に書かれていることは全体の7割。あとの3割は楽譜の中に物語がある』と話したのですが、演奏しているシーンにもそれぞれの物語があるということを認識しないと、この作品は成立しないなと思いました。

──栄伝亜夜や風間塵ほか、主役となる4人もそれぞれ個性的ですが、彼らの描き分けはどのようにされましたか。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。