映画『蜜蜂と遠雷』特集|松岡茉優(俳優/栄伝亜夜役)× 河村尚子(ピアノ)

interview & text:高坂はる香
photos:野口 博

国際ピアノ・コンクールを舞台に、若者たちの成長を描いた恩田陸の小説「蜜蜂と遠雷」が映画化され、10月4日に公開される。映像化にあたって重要なポイントとなる登場人物の演奏は、今、日本で注目されるピアニストたちが務めた。

母を失い、表舞台から消えたかつての天才少女、栄伝亜夜の演奏を担当したのは、河村尚子。映画の中で亜夜を演じる俳優の松岡茉優と、作品への想いや撮影中のエピソードをうかがった。

左:松岡茉優 右:河村尚子

──東京で行われたレコーディングの様子は、松岡さんも客席でご覧になったそうですね。

松岡 はい、河村さんにはその時に初めてお会いして、今日はその時以来です。あれから演奏の映像を何度も見て勉強しました。去年、私は人類の中で、一番河村さんを見た人だと思います(笑)。

河村 出来上がった映画を見て、すばらしいと思いました。身振りやオーケストラとの息の合わせ方など、本当によく観察されたのでしょう。それに実際、観察した動きを自分の体に移すのって難しいんですよね。でも、今回松岡さんの演じる亜夜ちゃんの弾き姿はとても自然でした。

松岡 ありがとうございます。幸せです!

──松岡さんは、ピアノのご経験は?

松岡 12歳くらいまで習っていました。でも私、メトードローズで終わっているんです。レッスンで眠ってしまうような子どもだったので(笑)。

河村 日本の小学校は忙しいから、疲れていたんでしょうね(笑)。ちなみに私はメトードローズは弾いていないんですよ。「子供のバイエル」でした。

松岡 そうなんですね、「子供のバイエル」も私には難しかったです…。

──河村さんは、新作課題曲として登場する藤倉大さんの「春と修羅」を演奏して、いかがでしたか?

河村 難しい曲です。最初の部分はシンプルで、コアなクラシック音楽ファンでなくてもすっと入っていけると思います。でも、そのあとに複雑な部分が待っている…。

松岡 やっぱりプロのピアニストでも難しいんですね。私も楽譜を見て腕の動きを覚えていくにあたって、何度譜面を放り出したくなったことか…。体一つで「三種の神器」をやっているみたいでした。こっちでは料理をして、こっちでは洗濯と掃除をしながら、たまにレンジも開けてみないといけない、みたいな。

河村尚子

河村 両手のリズムが全く違って、それがものすごく複雑に、微妙に変化していきます。それを弾きながら音楽の世界も作らないといけないので、大変でした。1度目の収録のときはテンポが遅すぎたようで、1ヵ月後の東京での収録のチャンスに録り直しました。松岡さんは、その時にホールに来てくださったんですよね?

松岡 はい…もう圧倒されました。特に最後のチリリリリという高音の部分には、森羅万象のようなものを感じました。河村さんの方を見ているのに、目の前には、森や海や昔の原風景など、いろいろなものがチカチカ見えるのです。

河村 確かにそういうパワーのある作品です。

松岡 それに、4人のピアニストが全く違う弾き方をしているんです。カデンツァが別々なのはもちろん、他の部分も表現が違います。一度撮影の現場で、私のシーンなのに、間違ってマサルの「春と修羅」が流れたことがあるのですが、すぐに違うとわかりました。音楽ファンのみなさんにとっては、聴き比べが本当に楽しいんじゃないかと思います。

河村 「春と修羅」のシーンはかなり長く時間がとられていますよね。

松岡 私、高島明石がどうやって「春と修羅」のカデンツァを作ったかが原作の中でも大好きなところなんです。映画でも素敵に描かれています。

河村 あのシーンは印象的でしたね。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。