映画『蜜蜂と遠雷』特集|鈴鹿央士(俳優/風間塵役)× 藤田真央(ピアノ)

interview & text:高坂はる香
photos:野口 博

国際ピアノ・コンクールを舞台とした恩田陸の小説「蜜蜂と遠雷」が映画化され、10月4日に公開となる。主人公の一人、風間塵は、養蜂家の父とフランスを旅しながら暮らし、正規の音楽教育を受けていないにもかかわらず、その型破りな才能で聴衆と審査員を驚愕させた少年だ。塵を演じるのは、オーディションで100人以上の中から選ばれ、本作が俳優デビューとなる鈴鹿央士。そしてピアノを弾くのは、チャイコフスキー国際コンクールで第2位となったばかりの藤田真央。「二人の風間塵」に話をうかがった。

左:藤田真央 右:鈴鹿央士

──鈴鹿さんは風間塵を演じるにあたって、どんなふうに役作りに取り組まれましたか?

鈴鹿 撮影が始まる前、藤田さんのレコーディングを見学して、弾く前、演奏中、弾いた後の表情、手や体の動きなどを勉強しました。初めて藤田さんの演奏を聴いて、ピアノから出る音を聴くというより、優しい音に包み込まれているような感覚がありました。手の動きが柔らかく独特で、弾いている姿も音楽も、リアル風間塵だと思いました。

藤田 会場は東京オペラシティでしたが、鈴鹿さんは、あんな大きなホールで一番前に座っていたんですよ! すごく観察されているのを感じて、役者さんってこんなに一挙手一投足を見て演技に生かすのかと驚きました。

──鈴鹿さんはピアノを習ったことがないところから、いろいろ工夫して演奏シーンに備えたそうですね。

鈴鹿 指の動きが複雑なところは、ノートに線を引いてドレミファソラシドのマス目を作り、黒鍵は黒丸、白鍵は白丸として書き込んだ表を作って練習しました。撮影で僕が弾くのはヤマハのピアノだと聞いていたので、鍵盤の上の「YAMAHA」の「Y」の下がこの音…みたいな感じで位置を覚えました。塵はピアノを楽しんで弾いている人なので、自分もできるだけ指を動かしてピアノを弾きたいと思いました。

──藤田さんは、鈴鹿さんの演奏姿をご覧になっていかがでしたか?

藤田 すばらしいですね。真剣に勉強されて、見聞きしたことをすぐに取り入れるところがすごいと思います。先日、取材でご一緒したときに連弾をしたら、とても上手になっていたのでびっくりしちゃいました。でも、去年の段階でも「月の光」をすばらしい音色と色彩感で弾いていたから、才能があるなと。ピアノを小さいころからやっていたら、コンクールで競い合う仲になっていたかもしれませんね(笑)。

──「月の光」は、塵と(松岡茉優さん演じる)栄伝亜夜の連弾の場面で演奏されます。映画公開前に、一部そのシーンが公開されましたね。

藤田 あのシーンは、映像もきれいなんですよね?

鈴鹿 一番お気に入りのシーンです。撮影では、夜遅くから朝日がのぼってくる時間まで二人で弾き続けたので、時間の意味では大変だったのですが、楽しかったです。普通、撮影現場にはたくさん人がいますが、カメラがピアノの周りをまわる形で撮りたいということで、監督はじめほんの数人だけがカメラの後ろにいて、あとは僕と松岡さんだけという状況でした。すごく特別な空間でした。

【参考動画】映画『蜜蜂と遠雷』亜夜と塵の月夜の連弾

──藤田さんは、藤倉大さんが手がけた新作課題曲「春と修羅」を演奏されてみて、いかがでしたか?

藤田 一見似ている音形でも単純な繰り返しはなく、少しずつ変わっていくところなど、藤倉さんらしさを感じる作品です。最初に楽譜をいただいたとき、演奏の指示が細かく書き込まれているその精密さに驚きました。楽譜通りに弾いていけば、しっかりとその音楽になります。とはいえ、決して弾きやすい曲ではなく、特にコーダは大変だったと、他のピアニストのみなさんも言っていました。でも、私は塵のカデンツァが一番のお気に入りで、当たりくじ!と思いました。4人の中で一番良いカデンツァ!激しさもあって一番弾き甲斐を感じました(笑)。

──カデンツァの演奏シーンは、鈴鹿さんも大変だったのでは?

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。