映画『蜜蜂と遠雷』特集| 藤倉大作曲「春と修羅」楽曲解説

熾烈を極める「芳ヶ江国際ピアノコンクール」の第二次予選。コンテスタントに課題として与えられたのは、演奏時間約9分というコンクールのための新曲「春と修羅」だ(作曲者は菱沼忠明)。映画版ではこの難曲を、気鋭の作曲家である藤倉大が作曲。主役級の4人が個性を際立たせるこの魅力的な作品を簡単ながらご紹介しよう。

text:オヤマダアツシ


コンテスタントの“創造力”が試される難曲「春と修羅」

通常であれば演奏テクニックや音楽性が問われるピアノコンクール。しかしこの曲では、さらに個々の創造性も試される。なにしろ後半に用意されているのは、「自由に、宇宙を感じて」と指示されているカデンツァ(即興演奏)なのだから。ピアニストとしての能力と共に、作曲家としての能力や、約40分というパフォーマンスの中で「春と修羅」をどこに置くかというプログラミング能力(=コンサート全体をどう聴かせるか)も試されてしまうのだ。

それゆえ主役級の4人が弾く「春と修羅」は、同じ曲なのにすべてが個性的。それぞれが自らの演奏テクニックでどこをアピールしたいのかを反映させることもできるし、その演奏からはコンテスタントの理解力だけではなく、音楽に対する姿勢さえも垣間見えてしまう。こんな作品を課題として用意するところに「芳ヶ江国際ピアノコンクール」のシビアさが垣間見えるのである。


インスパイアされた元ネタは宮沢賢治の名詩集

この「春と修羅」という曲名を目にして心を動かされた方は、熱心な宮沢賢治の愛読者だろう(修羅とは仏教における修羅道=戦いの鬼。そして象徴として描かれる阿修羅という守護神)。原作の作曲者である菱沼忠明がインスパイアされたのは、『銀河鉄道の夜』『セロ弾きのゴーシュ』『雨ニモマケズ』など多くの文学作品で有名な宮沢賢治の詩集だ。そこには賢治が暮らした東北の風景や大自然の営み、そこでの生活の喜びや厳しさも描かれ、さらには24歳という若さで天国へと上った2歳下の妹、トシの闘病と臨終についての記述も含まれる。

原作「蜜蜂と遠雷」の装丁画をペイントとした『LovePiano~「蜜蜂と遠雷」ver.~』


先鋭的な作曲家のペンになる映画版の「春と修羅」

映画化された『蜜蜂と遠雷』で「春と修羅」を具体化してくれたのは、世界的に活躍する藤倉大(1977年生)。いわゆる「現代音楽」とカテゴライズされる世界で高い評価を受け、世界中のオーケストラや音楽家たちから新作を依頼されているという“売れっ子”作曲家なのだ。

原作における「春と修羅」は、無調という作曲手法による作品(=ハ長調、ト短調といった調性を持たない自由な音楽)。聴き慣れない人にとっては「難解な音楽」という印象も受けてしまうという危険性もある。藤倉はそこを意識しつつも、4人それぞれのキャラクターや音楽性、演奏のスタイルなどを石川慶監督らとディスカッションをして「春と修羅」の世界を作り上げた。


【動画】「春と修羅」特別映像

曲はとても優しい響きで幕を開け、4分の2拍子、4分の3拍子、4分の4拍子が交錯しながら聴き手を「春と修羅」の世界へと誘ってくれる。甘美な音は徐々に水面が陽光できらきらと輝くような音楽となり、しばらくすると再び静寂で甘美な音楽へ。曲の前半となる82小節目までが楽譜をもとに演奏する部分であり、その後に「カデンツァ」が続く。それぞれが個性的な音楽を披露した後、曲は再びあからじめ楽譜が書かれている部分(44小節分)へ。カデンツァ後の部分をどう弾くか(冷静に戻れるか、カデンツァの気分に引っ張られるか)も聴きどころである。ピアノの鍵盤を幅広く使う激しい音楽が展開され、最後は消え入るように曲を閉じる。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。