チャイコフスキーの《イオランタ》を知ってますか? | ヴィタリの心の歌 第4回

チャイコフスキーの《イオランタ》を知ってますか?

今年の6月、新国立劇場研修所のチャイコフスキー歌劇《イオランタ》の発音指導を担当しました。

早めに練習を始め、ロシア語を読めるようにし、ロシア語が分かるお客さんにもちゃんと歌詞を聴き取れるようにと、キャストの皆さんは発音練習を頑張りました。皆さんまだロシア語であまり歌ったことがなく、私も先生としてオペラを全部準備するのは初めてで、お互いに色々と勉強になりました。

ロシア語がそこまで大変だと知りませんでしたし、ロシア語がそこまで美しいということにも、もう一度気づかせていただき感動しました。本番も安心して聴くことができました。時々目を閉じたら、ロシア人が歌ってるような感じさえしました。皆さん、本当にありがとう!

C)Took Shindo

この曲はチャイコフスキーの最後のオペラで、他の作品、例えば《オネーギン》と比べたら、ロシア以外にはそんなに知られてないですが、私にとって、ロシアオペラの中で一番美しいものですし、色んな意味で、《イオランタ》はユニークなオペラです。 目が見えないお姫様の話ですが、人間は体だけでなく、魂もあって、二つの世界でできているものだということを強く感じるストーリーです。自分を探し、初めて愛を知り、自己中心的な生命は不完全だと初めて分かって、そして自分を見つける。そこから魂も、身体も目覚める。こんなテーマのオペラはこの作品だけではないかとリハーサルのときにずっと思っていました。

神も、宗教の独断論ではなく、霊的な意味で全てのものに等しく存在するもので、音や花、人間、全ては神の反映である。こんなコンセプトで考えれば、キリスト教も、イスラム教も、仏教も、どの宗教でも受け入れられますね。このテーマは世界性、全人類的な重要性で、どの国の人でもチャイコフスキーの音楽は分かりやすい。

そこまで深い大事な話になっているので、オーケストラも普通の美しい伴奏よりシンフォニーのように言葉で言えないことを伝えてる。もちろん、歌詞も素晴らしい。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

この記事を書いた人

ヴィタリ・ユシュマノフ

サンクトペテルブルク生まれ。マリインスキー劇場の若い声楽家のためのアカデミーで学ぶ。ライプツィヒのメンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学を卒業。2013年以来、度々来日し各地で演奏。15年より日本に拠点を移す。CDも『Parole d’amore』(オクタヴィア)、「『ありがとう』を風にのせて〜日本名歌曲集〜」(オクタヴィア)など3枚をリリース。日本では《ドン・カルロ》ロドリーゴ侯爵役、《ドン・ジョヴァンニ》ドン・ジョヴァンニ役、《ラインの黄金》ドンナー役に出演。18年にはプレトニョフ指揮、ロシア・ナショナル管と演奏会形式で、歌劇《イオランタ》にエブン=ハキア役で出演。19年には《ドン・ジョヴァンニ》をタイトル・ロールとして全国4公演に出演した。日本トスティ歌曲コンクール2015第1位、第14回東京音楽コンクール第2位、第52回日伊声楽コンコルソ第1位および最優秀歌曲賞受賞。藤原歌劇団団員。
公式ウェブサイト
http://vitalyyushmanov.com/