モーツァルト《魔笛》| 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第1回 

text:岸 純信(オペラ研究家)

序文─連載開始のご挨拶に代えて

オペラを解説し始めて20年経つが、最近つくづく、「小学校の先生の大変さ」に似た気持ちを抱いている。児童教育の目的は、子どもの個性や才能を見極めて長所を掬い上げるところにあるが、オペラ研究家の使命もそれと同じこと。演目ならではの魅力や美点を拾い出したうえで、「どういう人がシンパシーを抱くのか?」とも考え続け、最終的には、作品の一番の価値を自分なりに決めねばならない ──通知表に、学級担任が書き込む所見の如く。

ただし、教育現場では多少の躾が必要になるが、オペラを観る際は、鑑賞する側が演目の個性をそのまま受けとめれば良い。解説し論じるにしても、世界共通である楽譜の内容を頭に叩き込んだなら、あとは「上演の仕方」──料理なら調理法の良し悪し──を見抜くことになる。子育てには細心の注意を払わねばならず、食材にはフグのように毒を含むものもあるが、オペラでは、どれだけ拙い上演でも観客の命を奪うには至らない。せいぜい、後味の悪さに、半日ほどげんなりするだけで済むのである。

ここで、解説者の立場から、「褒めるほうが、貶すよりもずっと難しく、責任が要る」ことをお伝えしておきたい。作品やアーティストを称賛するにしても、弱点や短所を指摘するにしても、具体的な言葉がなくては口にする意味も薄れてしまう。踏み込んだ言葉で伝えないと、人の心には届かない。それゆえ、この連載でも、筆者の実体験をところどころ絡ませつつ、その魅力をじっくり語ってゆきたい。

《魔笛》より「夜の女王」の登場
カール・フリードリッヒ・シンケルによるプロダクション(1815年)

それでは、連載第1回として、モーツァルトの《魔笛》をご紹介しよう。こちらは、ドイツ語のジングシュピール(台詞入りの歌芝居)に属するが、オペラ界では、こうした「台詞入り」の構造を、全編を歌い通す造りよりも、庶民的で砕けたスタイルとみなしている。それゆえ、《魔笛》の世界観は幅広い世代に受け入れやすいもの。筆者が生まれて初めて体験したオペラも、実は《魔笛》であった(1979年5月、高校一年生)ことから、若年層にも親しみやすい演目として、真っ先にとりあげてみたいと思う。

第1回 モーツァルト《魔笛》

【あらすじ】
おとぎ話の体裁のもと、世の善と悪、聖と俗とを追究するオペラ。王子タミーノは王女パミーナと共に成長を遂げ、鳥刺しパパゲーノは伴侶のパパゲーナを得て楽しく暮らし、高僧ザラストロは夜の女王の権力欲を打ち負かす。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。