上岡敏之(指揮)インタビュー

2016年、新日本フィルの音楽監督に就任して、今年9月で4シーズン目を迎えた上岡敏之さん。指揮者になる前は、なんと帝国ホテルのホテルマンだったという珍しい経歴の持ち主ですが、ドイツ各地の歌劇場で着実にキャリアを積み、職人肌とも言える仕事ぶりとその後の活躍は周知のとおり。現在は、新日本フィルのほかにコペンハーゲン・フィル首席指揮者という重要ポストも務めるかたわら、ザールブリュッケン音楽大学で後進の指導にもあたっています。そんな上岡さんに、これまでの指揮者人生をたっぷりと振り返っていただきました。

interview & text:柴田克彦
photos:藤本史昭


日本流の指揮法に馴染めず落ちこぼれだった学生時代


──まずは音楽との出会いをお話いただけますか?

最初は茅ヶ崎の幼稚園の先生のピアノです。とてもうまくて、こんなに素晴らしいものが世の中にあるのかと思いました。これが5歳の頃。実際に触れたのは幼稚園の足踏みオルガンが最初でしたが、近所にはピアノを習っている子が大勢いて、その家や学校でピアノも弾いていました。

小中高は普通校に通いましたが、ピアノは習っていました。とはいえ、日本的に「習った」というよりも、ドイツ語で言うspielen、英語で言うplayですね。あと高校時代は2年間合唱部に入っていました。でもあまり歌えないので、おもにピアノを弾き、たまに指揮もしていました。


──その状況から東京藝大の指揮科に入られたのですね?

子供の頃一番なりたかったのは作曲家でしたが、高校に入る頃には好きな音楽で生活できたらいいなと思っていました。ただ漠然としていて、オーケストラ音楽やオペラに興味があったし、作曲も勉強したかったので、それらの一環として指揮を選んだような気がします。藝大の指揮科を目指して勉強したのも高校最後の1年くらい。当時の藝大指揮科の金子登先生のレッスンなどを受けました。


──藝大時代の思い出は?

金子先生はちょうど退官されたので、ドイツ人のマルティン・メルツァー先生にあたったのですが、これが幸いでした。ものすごく良い先生で、振ること自体には全く興味がなく、オペラをはじめとする音楽の中身を色々教えてくれました。それに教授の部屋のグランドピアノでよく練習していました。先生から「音楽家になりたいのなら、バッハの平均律もベートーヴェンのソナタも全部知っていないといけない」と言われたので、全部勉強しましたよ。あと良かったのがフランス人のアンリエット・ピュイグ=ロジェ先生。スコアリーディングの集団レッスンで色々なことを話されたので、とても勉強になりました。


──いわゆる日本流の“指揮法”に触れることはなかったのですね?

振ることに関して、あまり意識がないんです。自分の生徒にもよく言っているのですが、指揮も話すのと同じで、人に何かを伝える作業ですから、手がどこにあっても関係ない。ところが日本人の先生に「それじゃテンポがわからない」とか散々言われました。テンポは一緒に呼吸をすれば合うだろうと昔から考えていて、未だに変わってないんですよ。でも当時の先生方には理解されなかった。


──それが進路にも影響しましたか?

おかげで卒業する頃には、アマチュア・オーケストラの仕事もないぐらい落ちこぼれていました。そこでもう諦めようと思って、帝国ホテルに準社員として就職し、ちゃんと制服を着て、1年弱フロントを担当していました。仕事はとても好きでしたね。良い人たちに囲まれていて、彼らとは今でもコンタクトがありますよ。ただ、同じ時期に神奈川県のロータリーの奨学金の試験も受けていて、1984年からハンブルク音楽大学に行くことになりました。


ドイツの歌劇場でさまざまなポジションを渡り歩く


──そこでの状況はいかがでしたか?

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。