エレオノーラ・ブラット(ソプラノ) | いま聴いておきたい歌手たち 第8回 

text:香原斗志(オペラ評論家)

待ち望まれた「正統派」ソプラノ

なにが正統であるかについては議論があるので、軽々に「正統派」という言葉は使いたくないが、ここではわかりやすさを優先し、よくいわれる「正統派」について語ることにする。すなわちヴェルディのリリックな役、たとえば《シモン・ボッカネグラ》のアメーリアや、あるいはプッチーニ《ラ・ボエーム》のミミなどで心底満足できるソプラノが、最近あまり現れない。昔ならミレッラ・フレーニ、近年もバルバラ・フリットリという巨人がいて、私事で恐縮だが、そのフリットリが2005年に《ルイーザ・ミラー》のルイーザ役で初来日する前は、文字通り彼女の「追っかけ」として、《イル・トロヴァトーレ》、《オテッロ》、《シモン・ボッカネグラ》と、現地で聴いて回ったものだ。

そのフリットリも50代になり、以前にくらべると輝きが失せている。だれか代わる若手はいないのか。その問いへの回答の一つが、北イタリアのマントヴァ生まれのエレオノーラ・ブラットである。実際、彼女が日本にお披露目されたのは2014年、ローマ歌劇場日本公演の《シモン・ボッカネグラ》で、フリットリの代役だった。もちろん、フリットリが聴けない落胆は大きかったが、ブラットの歌の、高い音圧によって一定の力強さが保たれたうえでのやわらかな響き、美しくなめらかで品位あるフレージングと、よく制御されたピアニッシモで、フリットリの穴をかなり埋めてくれた。

メトロポリタン歌劇場《トゥーランドット》より
リューを演じるエレオノーラ・ブラット
C)Marty-Sohl/Metropolitan Opera

デビュー早々、指揮者のリッカルド・ムーティに見出されたブラット、上記の代役もムーティ指揮のもとであった。また、2016年のウィーン国立歌劇場日本公演では、やはりムーティの指揮で《フィガロの結婚》の伯爵夫人を歌い、モーツァルト歌手としての力も日本の聴衆に示している。

ブラットにはピアニッシモからフォルティッシモまでの間で、音量と音の強さを細やかに制御できる力がある。そして、それらの音がつながって旋律になったときに、やわらかさとともに気品が加わる。またアジリタも高い水準で歌いこなす。それは声を自在に、柔軟に動かせるからだが、すると言葉も活きてくる。だから、質の高いモーツァルトが歌えるのである。

軽やかさにも力強さにも無理がない

ところで、声とフレージングの美しさ、やわらかさを測るうえで、ロッシーニ《ランスへの旅》のコリンナという役は絶好である。これはドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》やベッリーニ《ノルマ》を創唱したジュディッタ・パスタのために書かれた役で、フィナーレにおいてハープの伴奏で歌うソロは、レガートを基本に装飾を交えながら歌われ極めて美しい。だが、美しく聴かせるのが至難の曲でもある。これをブラットほど美しく歌える歌手は、滅多にいない。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。