カリンニコフ:交響曲第1番ト短調 |新時代のシンフォニー名曲選 第3回

text:林 昌英

「知る人ぞ知る」という知名度だった作品が、すばらしい名演や名録音によって一気に人気作となることが稀にある。日本におけるその代表例のひとつが、ヴァシーリー・カリンニコフ(1866〜1901)の交響曲第1番ではないだろうか。

まず、その“名演”とは、1993年2月、NHK交響楽団の定期演奏会にロシアの巨匠指揮者エフゲニー・スヴェトラーノフが客演したときのもの。それまでは、ソヴィエト時代の録音は存在していたものの、ロシア音楽愛好家を除けば、一般にはカリンニコフはそれほど知られていない作曲家だった。しかし、スヴェトラーノフのすばらしい統率により、N響がロシア楽団もかくやという音色と熱気で、雄大そのものの大変な名演を繰り広げた。テレビで全国放送されたことで、一気に再評価が進んだのである。

N響定期公演を指揮するエフゲニー・スヴェトラーノフ
C)NHK交響楽団

“名録音”の方は、1995年、NAXOSレーベルから発売された、カリンニコフの2曲の交響曲をカップリングしたCDである(テオドレ・クチャル指揮&ウクライナ国立交響楽団)。ベストセラーとなり、同レーベルの知名度自体を飛躍的に高めたともされるほど。その後には先述のスヴェトラーノフ&N響の第1番の録音もリリースされ、改めて注目された。本作を愛する人の多くは、これらのいずれかに接しているのではないだろうか。

※ここから先は会員の方のみお読みいただけます。
(すでに会員の方はそのままお読み下さい)

会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。